お付き合いを長続きさせる秘訣って何だと思いますか?

たとえば、「お互いの律儀な性格」だったり、「相性のよさ」だったり、いろいろ思いつくかもしれませんが、今回はコミュニケーションがテーマ。

恋人と長続きする女性が行っていることをご紹介します。

コミュニケーションがカギ!恋人と長続きする秘訣

日頃の感謝を伝えるために差し入れをする

大きなプレゼントも、もちろん嬉しいものですが、小さなプレゼントも効果的です。

彼が疲れているときや、元気のないとき、ちょっとした手作りのものや、彼の好物をさりげなく渡してみるといいでしょう。

ほんの数百円のものでも、「俺のこと、よく見てくれてるんだ……」と感じてもらえたら、彼も「あなたのそばにずっといたい」と思うはず。

彼自身に自覚がなくても、彼をよく観察していれば、彼にとって必要なものが見極められるようになるかもしれません。

気持ちは素直に伝えつつ、気遣いも忘れない

付き合いたてのカップルは、お互い毎日でも会いたいと思うほど、ラブラブかもしれませんが、しばらくすると、その気持ちも落ち着いてくるもの。

そんなとき、寂しいや会いたい、デートがしたいという気持ちを、どれだけ上手に伝えられるかは、長続きに直結してくるでしょう。

また、ラブラブ期間が落ち着いてくると、次第に「自分のペース」が出てくるもの。

相手が「会いたい」と思うタイミングと、自分が「会いたい」と思うタイミングが違う場合、強く要求したり、されたりするとストレスになりますよね。

長続きする女性は、自分の気持ちを素直に伝えつつも、相手を気遣う気持ちを忘れていないようです。

ハプニングも楽しむ

デートのプランが、思い通り行かないことってありますよね。

たとえば、お店が臨時でお休みだったり、せっかくのドライブが渋滞だったり……。

そんなときでも、長続きする女性は、楽しむ術を持っているようです。

違うお店を探しながら楽しんでみたり、渋滞中でも普段しない話をじっくりしてみたり、車中で歌を歌ったり……。

どんなときでも「ふたりで楽しもう!」という前向きな気持ちなので、彼に安心感を与えられるのかもしれません。

デート中に思わぬハプニングがあったら、ぜひ「○○してみようよ!」と彼に提案してみてくださいね。

お互い「ひとりの時間」を楽しめる

お付き合いが長くなると、一緒に過ごす時間も当然増えますが、それでもやっぱりひとりの時間も必要。

彼と長続きする女性は、彼の趣味や好きなことに使うための時間も大切にしています。

なにも予定がないとしても、「ひとりでのんびりする時間」は大切です。

必ずしも、「ふたりで一緒にいること」が愛の証明ではありません。

お互いひとりの時間を尊重し、大切にし合えることも、愛の形ですよ。

ずっと一緒にいるために

長続き=ずっとラブラブでいること、とは限りません。

もちろん、いつまでたってもラブラブ、というカップルもいます。

つまり、恋人と長続きする女性は、お互いストレスフリーで楽しくいられる方法を、意識しているのです。

ぜひ、彼と多くのコミュニケーションをとりながら、長続きするカップルを目指しましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)