気になる男性にアプローチをしているとき、相手がどう思っているか考えたことはありますか。

彼がうれしいと思ってくれていれば、あなたもとびきりうれしいですよね。

ですがうれしいと思うどころか、女性の行動や態度によっては男性がげんなりしてしまうようなこともあるんだとか。

そこで今回は「いっしょにいると疲れる、男性がげんなりする女性の特徴」を紹介します。

もし当てはまっていることがあれば、改善していったほうがよいかもしれません。

いっしょにいると疲れる、男性がげんなりする女性の特徴

駆け引きを楽しんでいる

恋愛は大きく2パターン。「駆け引き」で相手の関心を引く恋愛と「一途な愛情」で幸福感を与える恋愛にわけられます。

駆け引きは一見すると「賢い恋愛テクニック」に思えますが、一概によいとは言えません。

駆け引きは相手の「不安」を煽って依存させるアプローチ。そのため、夢中で追いかける割に幸せを実感しづらいのです。

これに対して「一途な愛情」は衝動性はありませんが、徐々に積み上げた信頼が幸福感を与えてくれるでしょう。

冷静で誠実な男性ほど、駆け引きすると萎えるだけです。そして駆け引きで引き寄せた恋愛は、長続きしません。

「一途な恋愛」のほうがお互いに幸せを生むはず。駆け引きを楽しみすぎないようにしましょう。

こまめな連絡を催促してくる

LINEなどでやり取りしていると「返事まだかな?」「いいリアクションがほしいな」と、相手に少なからず期待するもの。

そんなときこまめに連絡をしてくれる男性って、魅力的ですよね。

だからと言って、男性に対して「即レス」や「積極的な連絡」を催促するのはあまりおすすめできません。

マメな連絡を催促した時点で、相手の認識はコミュニケーションから義務へと変わってしまうでしょう。

恋愛感情は、義務から湧き上がるものではないはずです。

こまめな連絡をするには、自分自身の時間や労力を犠牲にする必要がありますよね。

すべての男性がこまめに連絡できるほどの余裕を持っているとは限りません。

また本気で好きな女性には、「自然体の自分」を受け入れて愛してほしいと思うでしょう。

連絡の頻度が気になるようなら、彼と話し合ってもよいかもしれません。

言葉を素直に受け取らない

言葉を素直に受け取らない

恋愛に、複雑さは大敵。相手の言葉を疑って裏の意味を探ったりあまりに謙遜しすぎたりする女性とは、意思疎通が難しくなってしまうでしょう。

女性が何を考えているのか、男性が読み取れなくなるためです。

他人の言葉を疑うのは、自分が本音を喋っていないから。そして謙遜しすぎるのは、自分に自信がないからとも言えます。

相手とのコミュニケーションの間にフィルターが入り、言葉を素直に受け取れなくなっていきます。

恋愛感情を築き上げるにはお互いに素で向き合う必要があるため、シンプルなやり取りが重要です。

もしいろいろ考えてしまう傾向が強いなら、相手の言葉を素直に受け止められるよう意識してみましょう。

いきなり感情が爆発する

人の心は複雑なので、どうしてもイライラしたり反発したくなったりする瞬間があります。

しかし相手と良好な関係性を築くには、グッと堪えて相手に寄り添うことも大切です。

短気ですぐ怒ったりヒステリックになったりするのも我慢したあとに感情が爆発するのも、どちらも男性を困らせます。

相手に不満を感じたら、早い段階でやさしく伝えましょう。

人はあとで掘り返されるよりも、その場で指摘されたほうが受け入れやすくなる心理があります。

このとき否定的な言葉をなるべく使わず、短く簡潔に伝えるのがポイント。

言い回し次第で与える印象は大きく変わります。

「〇〇してくれるとうれしいな」「〇〇な感じだともっといいかも」というように、相手を傷つけない言い回しで要望を伝えましょう。

自分のアプローチを工夫していって

誰しも欠点はあるもの。完璧に恋愛できる人なんていません。

相手が「受け止めきれない」「もう疲れた」となる前に、言動にブレーキをかけて自分を客観視してみましょう。

衝動的になっているときほど、すれ違いが生まれます。

「いい振る舞いをしないと」と思うと逆にぎくしゃくするため、早い段階で気づき自分のアプローチを少しずつ工夫していくことが大切ですよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)