恋愛に対して受け身な女性は、「どうせ私なんか……」「なかなか一歩が踏み出せなくてもどかしい」と思ってしまうことがあるかもしれません。

それで自分を責める、なんてことはしなくてよいです。

たしかに積極的な人と比べると、受け身なため出遅れることはあるでしょう。

だからと言って、受け身がダメということには繋がらないはずです。

今回は「受け身女性が、幸せな恋愛をするための秘訣」を紹介します。

自分のことを受け身女性だと思っている人を、少しでも支えられたらうれしいです。

受け身女性が、幸せな恋愛をするための秘訣

相手の気持ちを考えてみる

恋愛に受け身な人は、相手の気持ちを優先する姿勢が身についています。

突然「まずは自分のことを考えて」と言われても、すぐには難しいでしょう。

すでに相手のことを先に考える習慣が、頭のなかでできてしまっているからです。

そこでいっそのこと「彼も自分と同じ気持ちかも」ととらえた上で、相手の気持ちを考えてみてください。

彼があまり積極的な人でないのなら、あなたと同じ「受け身な姿勢」で待っているかもしれません。

もし自分と同じ気持ちなら「どうしてほしいだろう」と考えること。そして「彼のために私が行動してみよう」という大義名分をつくってみてはいかがでしょう。

受け身な彼が望むことをしてあげられるなんて、同じ気持ちがわかるあなただけですよ。

「自分は慎重なんだ」と、とらえる

恋愛に受け身な人はつい「こんなことしたら迷惑」「彼が困るのでは」と考えて行動に移せないことが多いのではないかと思います。

そればかりか「私ってネガティブでダメだ」と自分を責めてしまうこともあるようです。

でもそれは「ネガティブ」ではなく、「慎重」と置き換えて大丈夫。彼の気持ちを無視して自分の都合ばかり押しつけることが、よい結果を生むとは限りませんよね。

ネガティブになるべき場面はありませんが、慎重になるべき場面は必ずあります。

「待つべき場面」「相手の気持ちを優先すべき場面」では、受け身な人の慎重さが最高の強みになるはずです。

笑顔になる練習をする

笑顔になる練習をする

受け身女性のなかには、感情表現が得意ではない人が多いのも特徴です。

逆に言えば普段あまり感情を表に出さない人がうれしさや喜びを表現してくれると、かなりポイントが高いということ。

自分のなかで「こういうときだけは笑顔で『ありがとう』『うれしい』って言おう」と決めておいたり、できれば身近な人を相手に笑顔の練習をしたりしてみてはいかがでしょうか。

言葉で難しければ文章でも大丈夫。送りやすい文面、言葉、スタンプなどを用意しておくとよいですね。

照れてしまってうまく言えないかもしれない?……それがまた、あなたの魅力なのです。

受け身女性ががんばって感情表現する姿は、相手のツボをおさえることにつながるでしょう。。

あなたには、受け身ならでは魅力がある

受け身女性は基本的にシャイで、積極的な人のように華々しいアピールはできないかもしれません。

でも今回紹介したように、同じように受け身な男性の気持ちがわかるので、それを汲んで動くことができる、ギャップ萌えを狙うなど、「受け身」だからこそできる戦略はたくさんあるのです。

「受け身だから恋愛がうまくいかない」と落ち込まないで。

積極さに負けない、受け身ならではの魅力を持っていることを忘れないでくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)