気になる彼とLINEのやりとりをしていて、ずっと既読無視されていたのに、突然「最近どう?」なんて連絡がきた。

嬉しくて、思わず連絡を返したくなるのではないでしょうか。

でもすぐに飛びつくのは、待った方がいいかもしれません。

今回は、やりとりが途切れていたのに、突然連絡してくる男性の本音について解説していきます。

ずっと既読無視されてたのに…突然連絡してくる男性の本音とは?

そもそも既読無視をする人って

そもそも、既読無視をする行動自体が、人としてどうなの?と思いませんか。

もしかして、このコラムを読んでる人のなかにも、同じく既読無視をしたことある人がいるかもしれませんね。

相手がかなりしつこくて、嫌だったりしたら気持ちはわかります。

ただ、相手がどんなタイプであれ、既読無視された方は辛いですよね。

既読無視するくらいなら、ハッキリと言葉で「ごめん、無理です。LINEしてこないでください。」と言われた方が、ショックですがまだいいでしょう。

既読無視されたことを悩むタイプの相手なら、「なんでだろう」と永遠に考えてしまって引きずってしまいますからね。

それだけ既読無視は酷いこと。

だから、「目には目を」じゃないですが、既読無視した人が突然連絡してきたら、同じく既読無視すればいいというのが筆者の答えです。

返信するのが面倒くさい

既読無視までしてきたということは、残念ながら相手の男性からはかなり煙たがられているかも。

「煙たがりステージ」とあえて呼ばせてもらいますが、既読無視は正直、下から2番目。

煙たがりステージの軽い方というと、送られてきたLINEには返しますよね。

ただ、中身は気持ちの入っていないコメントだったり、スタンプでの返信。

ここから、さらに煙たいと思われてるから、既読したのに無視するわけです。

一番よくないのは、ブロックすることですよね。

相手からのLINEの通知さえ、みたくない気持ちのあらわれでしょう。

あなたの順番が回ってきた

じゃあ、なぜ既読無視をしていた男性が、急に連絡してきたのか?

煙たがっていた理由は、彼女がいたからとか、あなたよりほかに気になる女性がいたからとか。

あとは、あんまりないと思いますが、恋愛より仕事が忙しすぎたなどの理由。

だから、ストレートに言うと、本命とうまくいかなくなったので暇になって、あなたに順番が回ってきた可能性があります。

それくらいの理由だからこそ、そんな男性のLINEに喜んで反応しても、結果的に素敵な恋になることは少なそうです。

自分がしたことは返ってくる

一般的に、自分がやった行いはそのまま自分に返ってきますよね。

だから、既読無視をしたら、自分もいつかは既読無視をされると思ってます。

また、あなたがその男性からのLINEを既読無視できたなら、その意志を貫いて自分から連絡をしないでほしいなと思います。

突然、手のひらを返したように連絡してくる人は、男女ともにズルい可能性が高いですからね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)