たとえ気になる男性と距離を縮めていっても、ふとした瞬間に男性から恋愛対象外だと思われてしまうことがあるかもしれません。

付き合えそうだと喜んでいたのもつかの間、そんなふうに思われたらがっかりしてしまいそうです。

男性が恋愛対象外にしてしまうポイントは、女性の言葉遣いなんだとか……。

今回は「女性が気をつけたい言葉遣い」を紹介していきます。

恋愛対象外にされちゃう…?女性が気をつけたい言葉遣い

相手を「お前」と呼ばない

「社内で飲み会があって、みんなで楽しくワイワイ盛り上がっていたんです。うちの会社にはマドンナ的存在の女性がいて、上司からも一目置かれるような存在の人でした。

たまたま飲みの席で隣になるチャンスがあったので、こんな機会めったにないと思ってしゃべっていたんです。すると、お酒に酔っぱらっていた影響もあるのか、第一声から『お前さぁ』と言われて……。

相手は先輩だったのでおかしなことではないのですが、たとえ相手が後輩でも第一声で『お前』はないでしょと思って幻滅してしまいました」(26歳男性/営業)

人から「お前」と呼ばれるのを、快く思う人は少ないでしょう。

男性も、女性から「お前」と呼ばれたら引っかかってしまいます。

どれだけ美人でも、誰かに対して「お前」という言葉を使ってしまうだけでアウト。

それだけ破壊力のある言葉だということを、頭に入れておかなければいけません。

酔っているときに無意識に出てしまわないよう、日頃から改善しておきましょう。

「ダサいな」じゃなくて、「ダッセぇな」

「男女数人でBBQをしたときのこと。友だちが連れてきた女の子が僕のタイプで、あわよくばお近づきになれれば……なんて思っていたんです。隣に座って話せる機会があったので『チャンス』と思って話してみたんですけど、まぁ残念な言葉遣いの女性だったんですよね。

友だちがウケを狙っておちゃらけてたんですが、やたら『ダッセぇなぁ!』と言いながらガハガハ笑っていて、一瞬で『この人とは恋愛できない』と冷めてしまいました」(28歳男性/美容師)

「ダサいな」という言葉を言い換えた、「ダッセぇな」という言葉。使ってしまうと、自分の女性としての品格をどんどん下げてしまうかもしれません。

身の回りの女友達のなかにも、「ダッセぇ」という言葉を使う人はいませんか?

女どうしの会話でついつい言葉遣いが荒れてしまうこともあるかもしれませんが、男性の前でその言葉遣いはNGです。

その言葉を使うだけで、恋愛対象から一瞬で外されてしまう可能性があります。

大事な恋愛のチャンスを逃さないためにも、この言葉を使わないようにしましょう。

「お金」じゃなくて、「カネ」

「お金」じゃなくて、「カネ」

「友だちのつながりで開催された飲み会に参加したとき、一次会がお開きになって、みんなでお会計をしていたんです。友だちが連れてきた女子がかわいくて、二次会でアピールしてみようかなと思ってました。

そしたらその子が『誰がカネの計算してんのー?』って言ったんです。僕、お金のことを『カネ』っていう女性のこと生理的に受け付けなくて……。その子にすぐ興味がなくなってしまい、結局二次会にも参加しませんでした」(29歳男性/アパレル関係)

メイクやファッションでどれだけ着飾っていても、下品な言葉遣いをするだけで、その価値はゼロになってしまいます。

お金はどんな人にとっても大切なもの。たかが言葉遣いですが「カネ」と言ってしまうと、「もしかしてこの人お金にルーズなのかも」「なんだか乱暴そうだな」と悪いイメージまで持たせてしまいそうです。

お金のことを「カネ」と言っている人は、すぐに直すよう意識していきましょう。

丁寧な言葉遣いを心がけよう

言葉遣いには、その人の本性が表れます。

丁寧な言葉遣いはその場だけで演出できるものではなく、日ごろの習慣があってはじめて成り立つものなのです。

とくに酔ったときやリラックスしてきたときには、普段の言葉遣いがぽろっと出てしまうはず。

ちょっとしたひと言で「恋愛対象外」のレッテルを貼られてしまうことがないように、いつも丁寧で上品な言葉遣いを心がけましょう。

(愛カツ編集部)