人一倍「愛されたい」と願っているのに、なぜか誰からも愛されない……。

じつはこれ、理由があるんです。

今回は、「愛され願望」があるのに愛されない女性の特徴と、対処法をご紹介します。

その思考キケンかも!「愛され願望」のある女性が愛されないワケ

心の余裕がない

突然ですが、心のなかに「愛」を入れるための器があると、想像してみてください。

誰かを愛するときには、そのなかに入っている「愛」を分けてあげることになります。

もうイメージできると思いますが、モテる人というのは、この器がいっぱいの状態にある人でしょう。

「この人になら愛をもらえそう」と周りが思うのでモテるのです。

そして「愛されたい」と思うのは、誰かに愛を分けてもらいたい状態。

つまり「愛されたい」という気持ちが強いということは、器が空っぽに近いということです。

モテる人と、逆の状態にあることがわかりますよね。

まずは、自分で空っぽの器を埋める必要があります。

「自分で自分を愛する」……つまり自分を大切にし、あまり負荷をかけないことが大切でしょう。

好きなことをしたり、自分の健康に気を遣ってみたり……。

そうやって自分にとって、心地いいことを増やしていくと、自然と器は満たされていきますよ。

最初から「受け身」な雰囲気

モテる・モテないに限らず、最初から「誰かなんとかして」と他力本願で受け身な態度でいると、周りの人も「なんとかしてあげたい」とは思いにくくなります。

周りを見渡してみると、いろんな人から親切にされている人は「やってくれて当然」という態度ではないはず。

遠慮したり、なにかしてもらったら必ずお礼を言ったり……そういう謙虚な姿勢があるからこそ「親切にしたい」と思うのです。

「愛したい」も同じことでしょう。

まずは自分がどんな人なら「愛したい」と思えるかを考えて、その方向に向かっていけばいいのです。

自己肯定感が低く、自分を愛していない

自分を愛することは、「モテ」に限らず大切なことです。

たとえば、もとから汚い場所であれば、たとえ自分が少々汚してしまっても、あまり気になりませんよね。

それと同じで、人はぞんざいに扱われているものを、大事にはしないのです。

逆に「貴重なもの」として扱われているものに触れるときには、誰だって慎重になりますよね。

誰かに大事にしてもらいたいなら、あなた自身が「大事な存在」なんだと、あらためて自覚を持ちましょう。

あなたは誰かにぞんざいに扱われていい存在ではありません。

とても大切な存在なのです。

まずは自分自身を愛してあげて

「愛されたい」という願いを叶えるには、自分自身と周りの人を「愛する」「大切にする」ことが必要。

望みとは逆の行動のようですが、こうしたことを心がけていけば、結果として「愛される」未来がきっと訪れるはずです。

矛盾するかもしてませんが、自分自身を愛することができれば「愛される」ことに固執しなくなりますよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)