新型コロナの影響で、休日も家で過ごす人が多いのではないでしょうか。

おかげで、好きな人とLINEをしながら、寂しさを埋めている女性もいるはずです。

とはいえ、「彼が心変わりしてしまったら……」と、気になってしまうこともあるでしょう。

LINEをうまく使えば、好きな人との関係も維持できますよ。

今回は、好きな人とのLINEが充実する方法を紹介します。

会えないからこそ工夫が大事!好きな人とのLINEが充実する方法3つ

寝る前に電話で話す

夜寝る前に電話をして今日あった出来事を話すことは、LINEを充実させるうえで大切なポイントです。

好きな人の声が聞けると、相手がいまどんな調子でいるのかだいたい把握できるもの。

また、夜寝る前に話すことで、彼の存在がより身近に感じられるでしょう。

外出自粛モードだと、好きな人と会えないことで2人の時間が少なくなってしまいます。

彼との時間を確保する意味でも、通話やビデオ通話をうまく活用してくださいね。

お互いの予定を共有する

彼となかなか会えないと、彼がいま何をしているのか気になったり、不安になったりする女性は多くいます。

せめて彼の予定がわかっていれば、彼の行動もわかるので寂しさは薄れるでしょう。

たとえば、休日なら「今日は何をする予定?」と聞いてみるとか。

仕事をした後なら、「いまから帰宅する予定」と報告するのもいいですね。

お互いの一日の予定や言動を、できるだけ共有するように意識してみてはいかがでしょうか。

お互いの言動を把握できるのは、それこそパートナーでなければできないことです。

好きな人に会えずに寂しいのは、相手も同じですよ。

起こった出来事を写真で送る

外出自粛モードで、同じような毎日が続いている。

そんな女性も多いかもしれません。

でも、家で過ごす時間が長くなったことで、部屋の片付けや料理をする頻度が高くなった人もいるはずです。

彼に報告したいことができたら、写真付きでLINEを送ってみてはどうでしょう。

ほかにも、「お菓子を作ってみた」や、「近所の公園でハナミズキが満開だった」とか。

自分のなかで嬉しかったことや感動したことがあれば、彼に伝えてみましょう。

好きな人と気持ちを共有することで、2人の関係がさらに深まるケースは多くありますよ。

会えない時間も前向きで過ごそう

コロナ禍の影響で、好きな人と自由に会えない人も多いはず。

でも、LINEで好きな人の顔を見たり、時間を共有したりすることはできます。

会えない時間を意味のある時間と捉えて、前向きな恋をしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)