片思いをしている間も、時間はどんどん過ぎていきます。

可能性のない恋ならば、早めに見切りをつけたいところですよね。

じつは、相手が脈ありなのか脈なしなのかは、普段の会話で判断することができます。

今回は、男性がよく使う「遠回しの断り文句」を紹介します。

これを言われたら脈なし!男性がよく使う「遠回しの断り文句」とは?

「来週から忙しくなるから」

お誘いしたのに「来週から仕事が忙しくなる」と濁されたときは、脈なしの可能性が高いです。

考えてみれば、「来週から忙しい」というのはかなりアバウトですよね。

忙しいのは本当だとしても、「どうしても君と遊びたい!」という気持ちがあるなら、「○日ならなんとかなるかも!」と言ってくれるはずです。

代替案がない場合は、どう頑張っても難しいことを認識しておきましょう。

「行けたら行くかな」

断るわけでもなく、「行けたら行くかな」とどっちつかずの答え方は、お断りするという意味です。

人によっては本当に予定がわからず、仕事などで断っている可能性もあります。

しかし、「すごく行きたい!」という気持ちは残念ながら感じられないでしょう。

行く気持ちがあるなら、「別の日でもいい?」「○日なら絶対行けそう!」と言うはずです。

完全に希望を捨てる必要はありませんが、過度な期待はしないようにしてくださいね。

「元カノと行ったことある」

「元カノと行ったことある」

聞いてもないのにわざわざ「元カノ」と言って、女性の存在をちらつかせるこのセリフ。

誘ってきた女性が気を悪くすることを見越したうえで、「元カノ」という言葉を使うことが多いようです。

こう言われたら、遠回しに「恋愛対象外宣言」をされたと考えたほうがいいでしょう。

一方、「最近デートしてないから、○○ちゃんと行くのが楽しみだよ!」というセリフであれば、脈ありの可能性が高いですよ。

「○○さんも行きたいって言ってた」

突然第三者を引っ張り出してくるこのセリフ。

裏を返せば、「二人だけでは行きたくない!」という意味なのです。

つまりこれは、デートを断られているということ。

ただ、「○○さんも誘っていい?」という表現であればセーフです。

もしかしたら、「二人きりでは恥ずかしい」「最初はグループで出かけたい」という気持ちが隠されているかもしれません。

無理なときは切り替えよう

できるだけ考えたくない「遠回しの断り文句」。

ただ、出会う人や気になる人すべてと、恋愛関係が思い通りに進むはずはありません。

できるだけ早く脈なしかどうかを見極めて、無理だと感じたら次の恋へ移行するのが、幸せの近道かもしれませんね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)