言葉選びが上手で、トークの引き出しが多い女性は、とても魅力的に見えます。

しかし、「おしゃべりが上手=モテる」とは限らないようです。

今回は、会話が苦手な女性も実践できるモテる会話術のポイントをご紹介します。

おしゃべりが苦手でも大丈夫!モテる女性の会話術

過去の恋愛はあまり語らない

「恋愛について洗いざらい話してしまうと、興味を持たれなくなっちゃう気がします。

だから自分からは絶対に言わない。もし聞かれても『もう忘れちゃった~!』で通します」(27/接客)

男性は最初から何でも話してくれる女性よりも、ミステリアスな女性に惹かれるようです。

とくに、女性の過去の恋愛経験について「知りたくない」と思う男性も少なくないようす。

あまりにも詳しく話してしまうと、「付き合ったら自分たちもそうやって終わるのかな」と思われてしまうかも。

自分から過去の恋愛について語らないだけでなく、相手から聞かれても熱心に話すのは避けましょう。

下ネタ系の話題には乗らない

「お酒が入ると楽しくなってしまい、下ネタを振られて話してしまうことがありました。

でもチャラ男からは喜ばれても、ちゃんとした男性からは引かれちゃう……。

真剣交際を望むなら、下ネタは封印したほうがいいと実感しました」(26歳/住宅)

下ネタは盛り上がりますが、モテにはつながりません。

とくに、真剣なお付き合いができる相手を探している場合は気をつけて。

男性は、本命の女性には下ネタを言わないもの。

また、真面目で誠実な性格ほど、女性の前で下ネタは振るのも振られるもの嫌がります。

もしもLINEや飲み会などでの会話で下ネタを振られたとしても、恥ずかしそうに照れたり、適当にあしらったりするなど、乗らないようにしましょう。

それでもセクハラまがいの発言が止まらないようであれば、完全にスルーしたほうが無難です。

最初から「人見知り」を宣言しない

「モテる友達はシャイな人見知りタイプ。だけど、基本的に『私人見知りなんです』とは言わないらしいです。

『別に聞き役に回るとか、方法はいくらでもあるから』と言われて、なるほどなと思いました」(25歳/事務)

最初から「人見知り」だと宣言してしまうと、相手はプレッシャーに感じてしまうかも。

人によっては、遠回しに「私は喋るの苦手だから、あなたが頑張って話を広げてね」というメッセージに受け取られてしまうかもしれません。

モテる女性は、たとえ自分が人見知りだとしても、「相手だって人見知りかもしれないな」「喋るのが苦手なぶん、いくつか話題を考えておこう」など、他者への思いやりを発揮します。

「実は人見知りなんだよね」と伝えるのは仲良くなってからがベスト。

相手への気遣いができるからこそ、彼女たちはモテるのかもしれませんね。

ミステリアスな雰囲気を意識して!

自分を知ってもらおうと思って、たくさん話をしてしまうと、「色々知りすぎちゃってお腹いっぱい」「彼女にしたいかと言われると違う」と思われてしまうかもしれません。

サービス精神が旺盛なのは素敵ですが、真剣にお付き合いできる男性と出会いたいのであれば、自分の出し方を少し変えてみて。

意外とミステリアスな女性に惹かれる男性は多いものです。

モテる女性の会話術を参考に、あえて“自分を出しすぎない”ことで魅力をアップさせてみてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)