彼に言いたいことを伝えるとき、どうしていますか?

伝え方に悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。

同じことを伝えるとしても、言い方ひとつであなたの印象は大きく変わるはず。

今回は、「愛され上手な女性」の会話術をご紹介します。

言いたいことはちゃんと伝える!「愛され上手な女性」の会話術

言いたいことはその場で伝える

不満や言いたいことがあるのなら、極力その場で言いましょう。

我慢の限界になってから言うと、言い方もきつくなりやすいですし、彼としても「なんであのときに言わないの?」と不満になるのではないでしょうか。

もちろん彼の友人らが一緒にいて、今ここで言ったら彼のメンツが潰れるとか、雰囲気が悪くなるかもしれないという場合は、二人きりになってから言いましょう。

あと、変に時間をおいてから伝えてしまうと、彼も「今さら?」となってしまうし、結局彼の心に届かない場合もありますよ。

言いにくいことはお願い系で

言いにくいことを伝えたいときは、批判系、命令形は使わないことが大事。

たとえば、居酒屋で一緒に食事中、なんの断りもなく当然のようにタバコを吸い始める彼に、タバコが嫌であることを伝えるにはどうしますか。

「タバコやめて。副流煙吸いたくない。自分のリラックスのために人の健康を害していることに気づいてる?」というのは、もちろん正しいことを言っているにしても角が立ちますよね。

だから、伝えるにしても、「副流煙を吸って不健康になりたくないから、一緒にいるときは吸わないでほしい」と、お願い系にした方がまだ彼も受け入れやすいでしょう。

むしろそれで不機嫌になる彼は、幼稚すぎて付き合いを続けるべきか、考えた方がいいかもしれません。

彼の意見にも耳を傾ける

伝えるときは、言いたいことを一方的にバーっと言うのではなく、彼の言い分にも耳を傾けることが大事です。

単に、言いたいことを言うだけでなく、会話を深めてお互いの考えていることを知るべきでしょう。

そうでないと、すれ違いが起きたり、些細なことから勘違いをしたりして、ケンカになってしまうことも……。

思っていることを、彼に伝えてケンカになる場合、伝え方が一方的になってしまっているのが、原因かもしれません。

彼の言葉にも、必ず耳を傾けてあげましょう。

日頃から愛情表現をしておく

そもそもですが、普段から彼に対し愛情表現をしっかりしていないと、言いたいことを言っても受け入れてもらえなかったり、改善もしてもらえなかったりします。

誰だってそうではないでしょうか?

普段から愛情を注いでくれる人の言うことは、素直に聞けても、たいして愛してくれない、なんなら小言が多い人にお願いされても、聞きいれるのは難しいはず。

いい関係を築くためにも、彼に気持ちを受け入れてもらうためにも、普段から愛情表現はしたほうがいいでしょう。

モヤモヤを溜め込まないで

言いたい、けど言えない……って辛いですよね。

彼の言動に我慢をし続け、モヤモヤを溜め込むのはメンタルに良くないし、恋にも影響が出ることも。

言いたいことは伝え方を考えて、ちゃんと言いましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)