好きな男性とのLINEはなるべく長く続けていたいですよね。

しかし、「あること」をやってしまうと彼の気持ちが離れてしまうかも……。

そこで今回は、好きな男性とのLINEで「やってはいけないこと」をご紹介します。

好きな男性との関係を長続きさせる! LINEの心得5ヶ条

好意を伝えすぎる

好意を伝えたいとき、LINEを活用する人は、多くいます。

しかし、LINEに頼り過ぎると、思わぬ誤解を招いてしまうことも……。

好きな人とコミュニケーションを多くとるのはよいことです。

でも、LINEはあくまで「文字」だけのやりとりなので、伝えられることも限られているでしょう。

いくら「好き」という思いを画面に詰め込んでも、そのすべてが相手に伝わるわけではありません。

返信の早さで脈あり判定する

好きな人からLINEの返信が早くもらえるとうれしいものです。

でも、返信が早かったり、多かったりするからといって、相手が「自分に好意を寄せている」と考えてしまう人は、要注意。

逆に返信が少なかったり、遅かったりすると、この恋はダメかも……と、消極的になってしまうからです。

人はそれぞれ、自分のペースでコミュニケーションをとっているもの。

あなたにとっては、物足りないと感じる返信ペースでも、男性にとっては、そのくらいのほうが楽なのかもしれません。

彼の考えを決めつける

LINEの文章だけで、「彼は○○なんだ!」と決めつけてしまわないことも大切です。

たしかに、ある程度「察する」のは、恋愛において必要なスキルともいえますが、勘違いや思い込みをしてしまう可能性もあります。

「○○ってことだよね?」「じゃあ○○でいいかな?」などと、できる限り確認したら、余計な思い違いを減らすことができるはず。

そうすれば、男性も「この子は、安心して話せるなぁ~」と思ってくれるでしょう。

駆け引きをする

恋愛にありがちな駆け引きも、LINEではNGとなる場合もあります。

たとえば、つい興味の無いフリをしたり、ちょっと大胆な言葉を投げかけてみたり……。

相手の気持ちを読み取ったり、フォローしたりが難しいLINEでは、相手を傷つけてしまうかもしれません。

LINEでは、恋の駆け引きよりも、むしろ素直なやりとりをするほうがおすすめです。

素直な気持ちに、ちょっとした好意のかけらをプラスして、彼にアタックしてみるのはいかがでしょうか?

ダラダラとやり取りする

好きな人とのLINEは、時間を決めておくと会話が続きやすくなるかも。

そのほうが、男性も「そろそろ返信が来るかな?」と、心の準備ができるはず。

なんとなく返事をしたり、しなかったりと、不定期にダラダラLINEを送っていると、男性も面倒くさくなってしまうかもしれません。

昼休みの時間や、夜寝る前の30分など、落ち着いて会話できそうな時間帯を決めておけば、ストレスなくコミュニケーションを楽しめるでしょう。

LINEを有効活用して

LINEは気軽に会話ができますが、意外と伝えられることは限られているはず。

相手に対して勝手なイメージを持ってしまうこともあるため、あくまでもメッセージ上のやりとりだと、わきまえるのが大切です。

楽しくLINEを続けて、関係を発展させたいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)