大好きな人に会えない期間がつづくと、寂しくなって不安になるときもあるでしょう。

そんなとき、彼の行動を改めて見てみて。きっとあなたのことをしっかり考えくれたからこその行動をしているかもしれません。

そこで今回は「ふたりが会えないとき、男性が好きな彼女のために意識している行動」を紹介します。

次のページから、くわしく見ていきましょう。

ふたりが会えないとき、男性が好きな彼女のために意識している行動

楽しい話を振って彼女を明るい気持ちにさせる

「次会えたら、〇〇行こうよ」「そういえばあのお店行きたいって言ってたけど、まだ食べに行ってなかったよね。落ち着いたら行こうね」

このように次のデートの話や楽しい話題を振って、少しでも彼女が明るい気分になれるように努める男性がいます。

なかなか会えないからこそ彼女の不安を取り除けるよう、少しでも気分が明るくなる行動をしてくれる彼。精神的に大人ですし、心にも余裕がある証拠でしょう。

彼があなたのメンタルが弱らないように工夫してくれるのは、愛しているからです。

あなたを心配して体調や生活の様子を質問する

会えない期間でも彼女のことを心配し、マメに連絡をしてくれる男性もいます。

「最近調子どう?風邪ひいてない?」「具合悪くなったら早めに俺にも教えてね」「困ったことがあったら手伝うからね」とやさしい言葉をかけてくれるのなら、それは彼の深い愛情の表れでしょう。

一方で会えるときまでそんなに連絡をしない、日々の返信もひと言やふた言、あなたから心配をされて「ありがとう」と礼は言っても自分からあなたを心配することはない。

このようなドライな彼氏なら、本当に愛情があるかどうかがわからないでしょう。彼女のことを考えてくれているなら、相手を安心させようとするものです。 

会えなくても、普段の行動や態度から愛情は滲み出るでしょう。

ビデオ通話でなるべく一緒の時間を設ける

ビデオ通話でなるべくいっしょの時間を設ける

離れていてもなるべくいっしょの時間をつくるりたいと、ビデオ通話でおしゃべりをしたり飲んだりするのも彼なりの愛情表現でしょう。

とくに「連絡は苦手」「普段あんまりLINEしない」と言っていた彼がこれをしてくれるのなら、本当に彼女のことが大切で大好きだということが判断できます。

自分が苦手なことを定期的に行うのって、あいてへの思いやりがないと難しいです。

きっと彼自身、自分ファーストではなく、彼女ファーストなはず。

連絡が苦手かつ自分ファーストな彼氏なら、愛しているのは彼女ではなく自分なので、連絡は自分の気の向いたときにしないでしょう。

会えないときこそ、愛情を見極めて

会えないとキスやハグがなく、愛情不足に感じるかもしれませんが、会えなくても愛情ってわかるものですよ。

むしろ会えないときこそ、本当に彼に愛されているのか否かを、見極めるチャンスでもあります。

彼があなたのことをどれだけ気にかけてくれるかを、観察してみましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)