仲が良いカップルを見ると、こちらまでうれしくなる半面ちょっぴり羨ましいという気持ちになることがあるかもしれません。

自分の恋愛に置き換えて、「わたしも大好きな彼氏と長続きしたい」と思う人もいるはずです。

そこで今回は「仲良しカップルに学ぶ!恋が長続きするための秘訣」を紹介します。

今日からすぐに実践できることもありますので、ぜひチェックしてくださいね。

仲良しカップルに学ぶ!恋が長続きするための秘訣3選

言いにくいことも我慢せず、LINEで伝える

「直接言うと気まずくなりそうなことは、会ってないときにLINEで送ろうってことになってます。変な雰囲気にならず本音を言えるので、いい感じです」(25歳/アパレル)

付き合っていると、好きだからこそ言いにくいことも出てくるもの。

そんなときずっと伝えずに我慢するのは健全ではないので、LINEの力を借りてみましょう。

送る側は文章にすることで頭のなかを整理できるし、送られた側も受け止めて整理する時間を持てます。

言いたいことを言いやすいルールを作ってみると、ふたりの関係がさらによいものになるかもしれません。

連絡の頻度は話し合って決める

「毎日電話したい彼と、電話は週に数回でいい私。付き合い始めたころは、お互いの感覚が合わなくて、険悪な雰囲気になったりしました。

これじゃあよくないと思って早い段階でちゃんと話し合って、LINEは毎日、電話は3日に1回ぐらいということが決まってから、落ち着いています」(29歳/出版)

カップルのすれ違いの原因になる、連絡頻度の問題。ベストな連絡頻度は、人によってまちまちです。

仕事やほかの予定との兼ね合いもあり、あまり頻繁すぎる連絡は負担になってしまうこともあります。

まずはお互いの要望を、素直に言ってみましょう。お互いの意見が折り合うベストバランスを見つけられれば、すれ違いも避けられるはずです。

けんかしても、「別れる」と言わない

「けんかになっても、勢いで別れないようにしようってふたりで決めてます。勢いで言ってしまうと、取り返しがつかなくなったりするから。大切な人だし、もし別れを考えるときが来たとしてもちゃんと向き合いたいです」(27歳/建築関係)

けんかがヒートアップすると、ついつい「別れる」という言葉を口に出してしまったことがある人もいるかもしれません。

けんかで本音をぶつけ合うのは悪いことではありませんが、「言わなきゃよかった……」とあとで後悔するようなことは避けるべきです。

相手を一方的に攻めたり傷つけたりするような言い方をしていないか、振り返ってみてくださいね。けんかのときほど、冷静な態度と言動を心がけましょう。

お互いが心地よくなれるように

好きだからこそ不安になったり、言いたいことも言えなかったりします。

付き合っているからこそできないことは、意外と多いのかもしれません。

大切なのは、そこから目をそらさないこと。ふたりで簡単なルールを設定して、心地よい関係をつづけていきましょう。

(愛カツ編集部)