好きな男性とはLINEをしたいと思うものですが、反面相手に迷惑だと感じられるのは避けたいからと億劫になり、メッセージを送るタイミングがわからなくなることもありそうです。

今回紹介するのは、「好きな男性にLINEを送るときのベストタイミング」がいつなのか。

実際のところ、好きな男性にはいつLINEを送ったらよいのでしょう。

好きな男性にLINEを送るときのベストタイミングって?

相手の仕事が終わったタイミング

仕事で忙しいときにLINEが送られてきても、なかなか返信をすることはできません。

そもそも明らかに仕事中とわかっている時間帯にLINEを送ってくる女性には、男性はあまりよい印象は抱かないはず。

急を要する話なら、彼も理解してくれるでしょう。しかしとくにそのとき話さなければいけない内容ではないのなら、仕事が終わったタイミングで送ったほうがよいです。

「今日も一日お疲れ様」と労いの言葉をかけながら会話をすれば、きっと男性もリラックスした気分で話をしてくれるでしょう。

相手の仕事に余裕があるタイミング

仕事がものすごく忙しいときや大きなプロジェクトを任されているようなときには、男性はそのことで頭がいっぱいになります。

そういった状態のときに下手にLINEを送りすぎると、相手の重荷になってしまう可能性が高いです。

激務から解放されたあとならLINEをする余裕も生まれるでしょうから、そのタイミングまで我慢をして待ちましょう。

相手が忙しいときは「自分にできることがあったら言ってね」と伝えて見守るかたちにしたほうが、男性の心にはグッと響くはずです。

お礼を伝えたいと思ったタイミング

お礼を伝えたいと思ったタイミング

仕事で助けてもらったとき、ご飯をご馳走してもらったとき、相談に乗ってもらったとき。

そういったときには、面と向かってきちんとお礼の言葉を述べるべきです。

さらにそのあとでもう一度、LINEでもお礼を伝えると「ちゃんとしている子だな」と男性に感じてもらえるでしょう。

それと同時に「また助けてあげたい」とか「力になりたい」といった思いも、男性のなかに芽生えるものです。

彼と話したいことがあるタイミング

これといって話したいことや話すネタがない状態でLINEをしたら、グダグダになってしまうことも。

でも伝えたいこと、聞きたいこと、教えてほしいことなど相手と話したいことがちゃんとあるのなら、素直にそのままLINEを送るべきでしょう。

好きな男性とは常につながっていたいという気持ちになる人がいるかもしれません。だからと言って無理にLINEを送っても会話が広がらず、相手から苦痛だと思われてしまうこともありそうです。

話したいことや用件があるときにLINEを送る、ということを大前提としましょう。

相手の状況をよく見て

LINEを送るタイミングに関しては、相手の状況をよく見ておくことが大事です。

相手の迷惑にはならないように心がければ、嫌悪感を抱かれるようなことにはならないでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)