多くの場合、女性は言葉で愛を伝えてほしいもの。

でも、口には出さなくても、あなたへの愛は普段の行動から伝わっていることも。

今回は、男性が彼女にベタ惚れしているときの行動をご紹介します。

態度で伝わる!男性が彼女にベタ惚れしているときの行動とは

お願いを叶えてくれる

「本当に大好きな子だと、自分が無理するとかあまり気にならなくなりますよね。相手が行きたいって言っているお店にはなんとしても連れて行きたいとか。

それができないで彼氏と呼べようか!って」(25歳/ゲーム)

忙しいのにデートの時間を作ってくれたり、「行ってみたいな」とか「楽しそうだな」と言ったお店に連れて行ってくれたりとか。

好きな人が相手の場合の苦労は、苦労のうちに入らないと感じるのは、男性も女性も同じみたいです。

毎日必ずLINEがくる

「基本的には、LINEとか電話・メールって用事がないとしないんです。

でも大好きすぎる人との場合は、とりあえず繋がっていることを確認したくて『おはよう』とか『今家に帰ってきたよ』とか送っちゃいます」(31歳/教育)

女性と違って男性は、日常的にLINEで会話をしていたいとはあまり思わないようです。

ですが、ベタ惚れしている彼女は別。

毎日最低1回はLINEを送って、返事がちゃんと返ってくることで安心したいのかもしれません。

小さなことでも覚えている

小さなことでも覚えている

「惚れている人のことだけは、記憶力が冴えわたります。その女性が言った言葉はほぼ覚えてて、たとえば両親の誕生日とかも。

で、サプライズでプレゼントを贈ったりしたこともあります」(34歳/IT)

なにげない会話をどれくらい覚えていてくれるかも、相手の惚れ度を測るには良い指標になるでしょう。

とはいえ、好きな人のことでも忘れてしまうということはあるので、そこは個人差もしっかり見極めて。

ただし1年前にポロっと言った一言などを覚えていてくれるなら、確実に惚れこまれているでしょう。

許可をとる

「本気で好きな子には、絶対に嫌われたくないから、ちょっとしたことでも許可を取っちゃうんですよね。

デートの最中に『○○食べたいけど良い?』とか、趣味の物を買うときに許しをもらいたくなったりとか」(28歳/教育)

まだ家計を同じにしていないのなら、基本的には自由に決められるはずの自分のお金の使い道。

それを彼女に聞いてくる場合、彼女に万が一にでも嫌われたくないという心理が働いているのでしょう。

小さな許可をたくさん求められても面倒がらずにちゃんと「好きに買って良いよ」と言ってあげると安心してくれますよ。

ベタ惚れサインを見逃さないで

男性はベタ惚れしていると、様々なサインを出してくるよう。

自分が本気で惚れられているかどうかを、言葉の有無だけで判断するのはやめたほうがいいかもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)