あなたの彼は、同性の友達が多いタイプですか?

それとも異性?

後者の場合、彼女としては少なからず不安になりますよね。

そんな彼氏とうまくやっていくには、どうしたらいいのでしょうか。

いくつかの対策と、彼への伝え方をご紹介します。

嫉妬しちゃう…女友達が多いと彼氏とうまくやっていくには?

寛容な態度を見せる

異性との友情は成立するということに、しぶしぶ納得している人もいるでしょう。

それを理解したうえで、彼氏をコントロールすることも大事です。

束縛しすぎると、2人の関係は破滅しますが、ほどよい、いい塩梅の束縛は必要かも。

まず、女友達と遊ぶことは認めると宣言しましょう。

ただし、事前に誰と遊ぶかは、教えることを約束させてください。

この条件を、まずは彼氏にのませましょう。

男性の立場からすると、束縛感ゼロですし、彼女が歩みよってくれている。

彼女に嘘ついて変なことはできない、という気持ちになるみたいです。

逆に、「女友達と会ったり、連絡とったりしちゃダメ」と言われるほうが、隠れてコソコソしてしまうのが男性。

これこそ逆効果になるかもしれません。

そもそも友情は成立する?

異性との友情は成立するのか?

そもそもですが、この永遠のテーマの答えが、自分の気持ちに余裕を与えてくれるかどうか?の分かれ目だと思います。

意外と異性との友情は成立することもあります。

もちろん、友達から恋愛に発展するパターンもゼロではないですが、総じて友情は成立するでしょう。

友達が多いからと、浮気の心配を過度にし過ぎなくていいということです。

自分も異性の友達と遊ぶと宣言

そこまで寛容な態度を彼氏にとったとしても、自分のマインドが落ち着かないという人は、彼氏に「私も男友達とたまに遊ぶからね!」という同じ条件を宣言しておくといいでしょう。

この効果は、「目には目を、歯には歯を!」と同じで、相手もやってるから私も!という平等感が、自分のなかに生まれますよね。

あとは、その宣言を聞いた彼氏にも、心理的プレッシャーがかかるので、自ら女友達と会う頻度が減ることが期待できるはず。

友達が多いのは魅力的な証拠

同性異性に限らず、友達が多いということは、嫉妬する前に人として魅力があるということを、忘れないでください。

ポジティブに、「女友達が多い!それだけ、魅力的な人と私はつきあってる」「そんな人が私を選んでくれてる、そんな私はスゴイ魅力的な人」だと変換して考えてみましょう。

すると、気持ちがすこし明るくなると思います。

男性からすると、やましいことはないのに、女友達と会ったことを言ったら、色々と面倒くさいこと言われそうと思って、言わない人がほとんどでしょう。

そのちょっとした嘘が、いろいな嘘へと伝播していくんです。

極力2人でオープンにしておけば、関係はいい形で続いていくと思いますよ。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)