彼との関係が長くなると、ついつい遠慮がなくなってしまいがち……。

積み重なってくると男性に「疲れた」と思わせてしまうかもしれません。

かく言う筆者も、ついやってしまうことがあるのですが(笑)

そこで今回は、「彼にゲンナリされちゃうNG行動」をご紹介します。

「一緒にいると疲れる…」彼にゲンナリされちゃうNG行動とは?

自分ルールを押しつける

日常生活のなかでも、ついついルールや決まりを彼に押しつけがちな人は、要注意。

たとえば「デートに遅刻するときは、30分前までに連絡をする」など、細かくたくさんのルールができていくとだんだん気を抜けなくなっていきます。

生活のなかで危険なことや困ることに関しては、ある程度ルールや約束事が必要ですが、それが「自分ルール」に偏りすぎていないか注意しみてください。

彼がそれを守れるタイプであれば、そもそも失敗していないはず。

無理な要求をしていないか見直してみてくださいね。

彼を問い詰めることが多い

「私のこと好き?」という気持ちの確認も、1度や2度なら可愛いですが、何度も確認すると彼が疲れてしまう……というのは有名ですよね。

でも、日常場面で「追求してしまう」のはこれだけではありません。

たとえば彼が遅刻をしてきたときに、彼は謝っているのに「なにしてたの?」「なんで遅刻したの?」と追及していませんか?

ほかにもケンカの途中に彼が黙ってしまうと、「なに考えてるの?」「どう思っているのよ!」と問い詰めていませんか?

じつは男性にとっては、これがかなり苦痛な時間のようです。

答えたところで結局怒られる……というのがわかっているので、イヤになってしまうようですね。

男性が「黙っている」ということは、すでに負けたと感じていますから、それ以上追いつめないほうが良さそうですよ。

おせっかいを焼きすぎる

彼がなにか失敗をしたときに、原因を追究し、改善点をあげ、次回からしないように約束する……と徹底していると、彼は「逃がしてくれない」と感じてしまいます。

結局あなたばかりが一生懸命、彼の失敗の尻拭いのお手伝いをしていることになっているのに、彼のほうは「お小言を言われている」としか感じていない……。

なんだかあまりいい状況ではありませんよね。

たとえば、「靴下は洗濯機に入れる」というルールを決めていた場合。

脱ぎっぱなしにしていたのを見つけて、拾い上げて怒ってあなたが洗濯機に入れるよりも、脇に避けておいて、靴下が無くなって困るまで放っておくくらいでいいのです。

「やりすぎる」より「放置」のほうが案外どっちも楽ですよ。

少しだけ視点を切り替えてみてはいかがでしょう。

距離感を意識してみて

一生懸命彼に向き合っているのに、それで「疲れた」と言われるなんて、あまりにも理不尽すぎますよね。

ただ裏を返せば、距離が近くなりすぎているサインとも考えられます。

お互いに疲れないために、ほどよい距離感を意識してみてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)