仕事などで忙しい毎日を送っている男性とは、なかなか会う時間を作るのも難しいかもしれません。

でも、そこでワガママを言うと嫌われてしまうだけなので、相手の状況をちゃんと考慮して行動を取ることが大事です。

そこで今回は、「忙しい男性」への上手なアプローチ方法を紹介します。

「忙しい男性」の心をいとめる♡思いやりが伝わる…癒やしアプローチ4選

じっくりと「話を聞く」

「話を聞いてもらえると、それだけですごく心がラクになる感じがする。忙しいときにはそれが息抜きにもなるから、あり難さを感じる瞬間でもありますね」(28歳/男性/営業)

忙しい男性と久しぶりに会えたときには、話したいことがたくさんあるでしょう。

でも、そこで自分の話ばかりをし続けると、男性には疲労感を抱かれてしまうことになるだけ。

仕事の愚痴や不満、報告などをじっくりと聞いて、少しでもストレスを発散させてあげることができたら、男性にとってあなたは癒やしの存在になるはずですよ。

「できることがあったら言ってね」と伝える

「『何かやれることある?』って言ってもらえると、めちゃくちゃうれしいです。実際に何かをしてほしいわけではなく、その言葉に救われる部分が大きいです」(32歳/男性/IT)

好きな男性が大変な状況にあったら、手を貸してあげたいという気持ちになることでしょう。

ただ、仕事に首を突っ込むのは迷惑になるケースもあるので、いきなり何かをしようとするのではなく、まずは「私にできることがあったら言ってね」と伝えてあげることが大切。

そういったセリフをさりげなく言ってくれる女性のことを、男性は心強い味方だと感じるので、ふたりの信頼関係も深めていけますよ。

あえて「そっとしておく」

あえて「そっとしておく」

「校了前などは本当に忙しくなるので、そういうときは申し訳ないけど連絡とかもあまりしてほしくない。それをわかってくれる女性には愛情を感じますね」(30歳/男性/出版)

男性が本当に忙しくて大変そうなときには、あえてそっとしておいたほうがいいです。

とくに用事もないのに連絡をしたり、強引に会いに行ったりするようなことはさすがに避けるべき。

仕事に集中できるように放置をするのは、「あなたの今の状況を理解している」という愛情表現でもあるので、男性のあなたへの思いもグッと増す可能性が高いですよ。

「短いデート」を提案する

「ちょっとだけでも会おうとする姿を見ると、こっちもキュンとなりますね。そこまで思ってくれてるんだと実感するので、思わず抱きしめたくなっちゃいます」(31歳/男性/映像制作)

どうしても会いたくて仕方がないのであれば、短いデートを提案してみるのはアリかも。

ランチデートや軽くお茶をするだけのデート、一杯飲むだけのデートなど、短時間で済むものであれば男性の負担にもならないでしょう。

ほんの少しの時間であっても、会えたときには楽しそうに過ごすようにすると、男性は癒やされますし、自分への大きな愛情も感じるので、きっと「落ち着いたらちゃんとデートをしよう」と思ってくれますよ。

「彼の気持ち」を優先して

忙しい男性の心をつかむためには、ガツガツしすぎないことを心がけるべきです。

自分の感情ばかりをぶつけるのは重荷にしかならないので、まずは思いやりを見せるようにしていきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)