好きな男性にはよく思われたいですし、つい親切にしてしまいますよね。

でも、その思いが強すぎるとかえって男性に引かれてしまうこともあるようです……。

今回は、男性が「女性のやさしさ」を面倒だと感じた瞬間をご紹介します。

ありがた迷惑かも!男性が「女性のやさしさ」を面倒だと感じた瞬間

過剰に心配されたとき

「仕事のクレームでめちゃくちゃ落ち込んでた日に、『大丈夫?』『元気だして!』『みんな〇〇くんを応援しているよ!』『今日は早く寝てね』『明日の朝またLINEするね!』と……。

同期の女の子から、一方的にLINEが来たときは、もはや恐怖でしたね」(25歳/メーカー勤務)

彼が落ち込んでいるのを見ると、なんとか励ましたい気持ちに駆られますよね。

しかし、「彼を慰めている自分」に酔っていませんか?

ただでさえ彼は落ち込んでいるのだから、励ますにしても細心の注意が必要。

LINEなら短文に、声をかけるなら「お疲れさま!」程度にしましょう。

長話をされたとき

「職場でいつも親切にしてくれる女性の先輩がいるんですが、とにかく話が長いんですよ。

丁寧だしわかりやすいんだけど、忙しいときとかはちょっと勘弁してほしいです」(26歳/法曹関係)

自分が持っている知識を彼が求めてくれるなら、惜しみなく力を貸したい!と思いますよね。

気をつけたいのは、その力配分。

張り切りすぎて彼を長時間拘束してしまうと、ウンザリされてしまうでしょう。

ポイントを押さえて、サクッと終わらせるようにしてみてください。

彼女のようなプレゼントをもらったとき

「『作りすぎたから!』と手作りのお菓子をくれたり、『これいいにおいだよ!』とハンドクリームをくれたりする女友だちがいます。

付き合ってもないのに彼女気取りなのか……正直困ってます」(24歳/SE)

ちょっとした気持ちだからと、ついプレゼントをしてしまっていませんか?

たとえ高価なものでなくても、プレゼントをもらうと少なからず気をつかってしまうものです。

彼が喜んでくれないのなら、プレゼントの意味もないのかも……。

物ではなく、まずは言葉のやりとりで彼との関係を築いてみましょう。

善意が裏目に出てしまうかも…

「彼に親切にしたい!」と思っていても、じつはそれ自体が余計なお世話なのかもしれません。

本当に必要とされたときに、本当に必要なことをスマートに与えられる人は魅力的です。

適度な距離で、見守ってあげましょう。

(愛カツ編集部)