女性から言われただけで男性がうれしくなる言葉というのは、案外たくさんあります。

そのなかにのひとつに、「あざといのに、男性からモテるひと言」もあるのです。

「あざといのはちょっと……」と抵抗感のある女性がいるかもしれませんが、彼に一言伝えてみるだけで関係が発展するなんてことがあるかも?

思わず胸キュン!あざといのに、男性からモテるひと言

ちょっとふてくされた感じで「もっといっしょにいたいのに」

「女性とふたりで飲んでいたときに飲み放題が終わって、『そろそろ帰ろうか』って言ったときにちょっと頬を膨らませて『もっといっしょにいたいのに』って言われてドキッとしました。終電まではあと1時間くらいあったんで、そのまま飲み直しました」(Nさん・27歳男性/会社員)

これは、男性が好きなツンデレを使うテクニック。ちょっとふてくされているというツンな部分を見せつつ、「いっしょにいたい」というデレの部分の効果で、男性はキュンとなります。

ちょっと拗ねながら、「もう帰っちゃうの~」「もうちょっといっしょにいようよ~」といった言葉を駆使するのもよいかもしれません。

ちょっかいを出されたときに「やんっ!」

「女性社員が昼休みに脇腹を突っつき合うような感じでふざけていたんです。そのなかのひとりが不意にちょっかいだされて『やんっ!』って声を上げたときはやばかったです。

しかもそのあと、自分のリアクションに恥ずかしくなって顔を赤らめてました。それからその女性をちょっと意識している自分がいます」(Aさん・26歳男性/会社員)

思わぬリアクションに男性がドキッとするのも、よくあることです。

「とくに、サバサバしている女性がこういうリアクションをすると胸アツ」という男性からの意見もあるみたい。ギャップを演出できるとよいでしょう。

「もっと好きになってもいい…?」

「もっと好きになってもいい…?」

「この前、ずっと友達だと思っていた相手に『もっと好きになってもいい……?』って言われて、胸を撃ち抜かれたことがあります。あのセリフは強烈でしたね。今、意識しちゃってます」(Rさん・28歳男性/会社員)

女性の繊細な気持ちを察するのが苦手な男性には、ストレートなセリフが効果的。

ふたりきりでどこかへでかけたときに「好きになってもいいですか?」と言ってみると、急接近できます。

とくにデートの別れ際に言うと、帰り道の間に男性はいろいろなことを考えて、ドキドキが止まらなくなってしまうのでおすすめです。

お疲れさまではなく「おちゅかれさま」

「この前、仕事の後輩と飲みに言ったときに帰り際、お疲れさまを『おちゅかれさま』って噛んで、その後に、顔を真っ赤にして『いや、今のは噛んだだけだから!』って言い訳している姿がすごくかわいかった」(Eさん・28歳男性/会社員)

噛んで言い間違えてしまうというのがポイント。とくに、しっかりした印象の女性がちょっと甘えた感じになると、ギャップ萌えが発生して男性はドキっとします。

ほかにも「噛み噛みになりながら早口言葉を一所懸命に練習している女友達がいてかわいかった」という意見もありました。

素直な反応や気を持たせるような言葉がよい

男性が思わずドキッとする、あざといのにモテる女性のひと言を紹介しました。

素直な反応や気を持たせるような言葉が、男性の心を掴むようです。

狙って言うとあざとさが出てしまうため頭の片隅に置いておき、ポロッと出てしまった感じを演出をしたいものですね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)