結婚すると、相手のことを「身内」や「家族」と感じてしまい、愛がなくなってしまうこともあるようです。

愛が情にすり替わってしまう、そんな事態は避けたいですよね。

今回は、夫にずっと愛されるためにできることをご紹介します。

ずっと仲良く!夫に愛され続けるためにできることとは

家でくつろぐ時間を大切にする

「二人とも子供がまだいないので、共働きです。共働きだからこそ、すれ違った生活になることもあります。そのため少しでも、二人で楽しむ時間を意図的に作るようにしています。

たとえば、お家パーティーの計画を立てるとか。毎週金曜日は、お家でお酒を楽しむ日です」(Aさん・37歳女性/経理)

仕事終わりの時間を、有効的に使えるようにしたいですよね。

しかし、共働きの際には、帰る時間がバラバラで二人の時間を過ごすのが難しいことも、多くあるのではないでしょうか。

せっかくの夫婦なのですから、無理して外にデートへ行かず、お家でくつろぐのも手段の一つでしょう。

まずは夫の話をよく聞く

「自分のお願いを聞いてほしいときだけ、夫に猫なで声を出して甘えるのは、ちょっと自分でも引いてしまう(笑)。夫の話を日頃からちゃんと聞くように心がけていれば、夫も私の話を聞いてくれるはずと思って。

どんなに忙しくても、夫が話しはじめたらちゃんと向き合うようにしています」(Kさん・28歳女性/保育士)

自分のお願いをしたいのであれば、まずは夫のことも聞くべきでしょう。

どちらかにプレッシャーがかかってしまえば、夫婦の仲が悪くなってしまうのも無理はありませんよね。

お互いがお互いを認められるように、日頃から努力しあうことが必要でしょう。

ルックス磨きは怠らない

「やっぱり、女性は守るものと夫に認識してほしいので、ルックス磨きは怠らないようにしています。

少しでも太ったと思ったら、ダイエットにも励むし、『会話がつまらない』と思われないように、様々な本を読んで会話のネタを集めます(笑)」(Mさん・29歳女性/パート)

ルックスを磨くことは、結婚しても忘れないで!

ダイエットをしたり、コスメに夢中な様子を見せたりすることで、「女性らしさ」を夫にアピールしましょう。

あなたの努力している姿に、夫も共感してくれるはずです。

いつまでも可愛い奥さんでいたいですよね。

頼るときは、お願い口調

「頼りたいときは、自分も焦ったり、悩んでいたりするときだと思うんです。だからこそ、その余裕のなさを夫に当てつけないように気をつけています。

相手に誤解を与えないような、言葉選びをするのも大事なこと。頼るときは、『お願い♡』という姿勢を忘れません」(Iさん・31歳女性/事務)

なにかを頼むときは、夫でもお願いする気持ちを忘れないようにしましょう。

とくに命令口調にならないように気をつけて!

お願いするときに、知らず知らずに夫を傷つけていることがないかどうか気を配りましょう。

あなたと話していて、「心地いい」と思ってもらえたらいいですね。

お互いに尊敬しあえる関係に

喧嘩でギスギスするのであれば、可愛く頼ることで、夫婦円満を維持したい人の方が多いはず。

長いこと一緒に過ごすのですから、お互いに尊敬しあえる関係になりたいですよね。

夫に甘えられる奥さんになるためには、日頃から相手のことを思いやる姿勢があってこそですね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)