「特別感」を与えてくれる女性のことは、男性はほかの女性たちとは違った存在として意識するようになります。

そうやって関係性を深めていくことができれば、自然と恋心が芽生える可能性だって高くなるでしょう。

そこで今回は、男性が女性に「特別感」を抱く瞬間をご紹介します。

信頼関係が生まれる!男性が女性に「特別感」を抱く瞬間

「一番」に頼ってくる

「いつも真っ先に頼ってきてくれる後輩の女の子がいるんです。
やっぱりほかの後輩たちよりも可愛く感じちゃいますよね。ついついえこひいきしちゃいます(笑)」(32歳/男性/不動産)

自分のことを頼ってくる女性に対しては、「なんとかしてあげたい」と男性は素直に思うもの。

しかも、いつも一番に頼られたら、プライドをくすぐられて優越感も満たされるので、よりそういった思いは強くなるでしょう。

自分のことを慕ってくれていると感じる女性のことは、男性の中でも確実に特別な存在になっていきますよ。

「人前」で褒めてくれる

「みんなの前で褒められると、うれしさが増しますね。
それに、『この子、俺のことわかってくれてるな』とも感じる瞬間ですね」(29歳/男性/飲料メーカー)

女性から褒められたら男性はものすごくうれしいでしょうし、その女性に対して好感だって抱くはず。

ただ褒めるだけではなく、人前でさりげなく褒めるようにすると、その効果は倍増します。

サッと男性を立ててくれる女性は、男性の理想の彼女像でもあるので、「こんな子が彼女だったらな」なんてふと感じる瞬間もあるでしょう。

「ちょっとしたこと」を覚えている

「『このお菓子、好きでしたよね』って差し入れしてもらったときに、ちょっとドキッとしました。そんなこと覚えてくれてたんだ、って……」(27歳/男性/音楽関係)

自分に関するちょっとしたことを覚えてくれている女性には、男性はなんとなく特別な関係性のようなものを感じます。

だからこそ男性の好き嫌いや口ぐせ、以前に話したことなどを覚えていたり、いつもとの違いや変化にすぐに気づいたりするのは、実は大事なポイント。

「これ、好きだったよね」とか「前に○○って言ってたよね」などと会話の中でサラッと言ってみると、意外と男性をドキッとさせられるものですよ。

アドバイスを「実践している」

「仕事のアドバイスをして、それをちゃんと実践してくれているのを見たときに、なんか誇らしい気持ちになりました。
そういう女性には、また色々と教えてあげたいなって感じますね」(31歳/男性/金融関係)

気になっている男性にアドバイスや指導などをしてもらったのなら、できるだけそれを実践したほうがいいかも。

自分の助言を女性がちゃんと活かしてくれていたら、それだけで男性はすごくうれしいはずですよ。

アドバイスを実践したうえで、「○○さんのおかげでうまくいきました」とお礼も伝えるようにすると、その男性の中であなたの好感度はかなり上がるでしょう。

まずはあなたから!

さりげなく上手に「特別感」を演出できると、男性のあなたを見る目はきっと変わってくるでしょう。

自分を特別に思ってくれている女性に対しては、男性も特別な思いを抱くものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)