好きな彼と付き合えたのなら、ずっとラブラブでいたいですよね。

でも、なかには付き合った途端に冷めてしまう男性もいるよう。

今回は、付き合ったあとに冷たくなる男性を見抜くポイントをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

付き合ったあとに冷たくなる男性を見抜くポイントとは

言動が自己中心的

まずは、性格面から書いていきましょう。

と言っても、これはいわば当然の話をするだけです。

自己中心的な男性は、やはり釣った魚に餌をやらないタイプの可能性が大。

自己中心的な男性というのは、仕事もプライベートも自分の感情に結果を反映させることが多いので、周囲を気疲れされてしまうものです。

良くいえば自由な性格なのかもしれませんね。

悪くいえば身勝手なタイプですから、たとえ付き合う前に情熱的だったとしても、それは相手に惚れ込んだというより「こいつを絶対落としたい!」という自分本位の欲望によるところが大きい可能性も。

そして見事手中に落としたら「あ~満足した!」と、一気に興味を失うことだってあるんですよね。

そうでなくても、自己中心的な男性は付き合っていると苦労をかけることも多いですから、付き合う際には覚悟をしておきましょう。

趣味への姿勢を見る

釣った魚に餌をやらない男性というのは、異性関係だけでなく、どんな場合であっても同じような態度をとるみたい。

たとえば趣味だって、基本姿勢はそうそう変わるものではありませんよね。

だって同じ人格を宿した、同じ人間ですからね。

だから趣味に対する向き合い方をチェックすれば、大まかな性格は分かるし、その男性が釣った魚に餌をやるタイプか、そうでないかがわかるわけです。

たとえば、趣味で使う道具に対して大雑把だったり、それらがほこりをかぶっているというのに、この道具が家のなかの目立つ場所にあるという男性は要注意。

目に触れる範囲に趣味で使う大事な道具があるというのは、その道具に執着があることの表れ。

ですがこれらがほこりをかぶっているというのは、つまりお手入れをサボっているということです。

手に入れて、目の届く範囲に置いておく。

ただしその手入れは何ヶ月もしていない。

これこそ、釣った魚に餌をあたえない男性の姿勢をそのまま反映しているのではないでしょうか。

また、職場でデスクのうえに置いてある私物が、同じくほこりをかぶっているというタイプもちょっと注意した方がいいかもしれませんね。

社会人にもなって、好きでデスクに置いてあるものを大事にしないというのは、釣った魚云々以前に自堕落とも言えますよね。

周りの男性をよく見極めて

釣った魚に餌をやらない男性の、共通した特徴を2つ挙げてみましたが、みなさんの周囲にはそんな男性はいますか?

もしいたのなら、あんまり懇意にならない方がいいかも知れませんよ?

ただ、その男性がもしも超イケメンで、年収1000万円をキープしているようだったら、放置してる場合ではありません。

絶対に捕まえて、なんだかんだと理由を付けて結婚に持ち込んでしまいましょう!

(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)