男性が「そろそろプロポーズを……」と考える瞬間ってどんなときなのか、気になりませんか?

いくら交際が順調でも、彼から結婚の意識が感じられないと、不安を感じてしまうものですよね。

実際にどんな瞬間にプロポーズをしたくなるのか、男性の経験を参考にしてみましょう。

そろそろプロポーズしようかな……男性が考え始める瞬間

デートの相談時間が短くなった

「デートの約束をしたときに、お互いに予定を決めるのが早くなったことに気付いたんです。
あうんの呼吸で理解し合えるので、そろそろプロポーズを考えるタイミングなのかもしれないと思いました」(31歳男性/会社員)

将来夫婦になれるふたりなら、なにかしら特別な一体感があるものなのかもしれませんね。

細かいことは気にならなくなった、イレギュラーなことでも一緒に楽しむのが上手になった。

そんなふたりになってきているなら、彼も結婚を考え始めているかもしれませんね。

ケンカの後笑顔になれたとき

「以前は、ケンカすると何日も連絡せず、別れそうになったこともあります。
でも、最近では意見がぶつかっても、お互いに『じゃあどうしたらいいのか』という方向にすぐ話が切り替わるんです。

気付けば負の感情は無くなっていて、冗談を言ったり、茶化し合っていたり。
ケンカの後すぐに笑顔になれると、結婚できる人なのかもと思いますね」(29歳男性/自営業)

相手を知れば知るほど、お互いの違う部分や理解できないことも増えてくるものです。

最初は我慢できずにケンカすることもありますが、仲直りの経験が増えると、それだけケンカが大きくなるのを防げられるようになるでしょう。

仲直りが早くなればなるほど、結婚できる人に感じてもらえるのかもしれませんね。

計画はふたり一緒が大前提!

計画はふたり一緒が大前提!

「職場の都合で、新しい勤務先の近くに引っ越すことになったんですけど、その話を彼女にすると、『私も○○に引っ越そうかな~』と言ってくれたんです。そこまで言ってくれるなら、プロポーズも考え始めないとな……と思いました」(35歳男性/銀行員)

週末や月に何回かデートをするだけでなく、生活そのものにも、ふたりで一緒の意識が増えてくると、男性は結婚を考え始めるのかもしれません。

「ふたりで一緒に」が自然に増えてきているなら、プロポーズを意識してもらえるチャンスかもしれませんね!

付き合い始めとくらべてみて!

ときどきは付き合い立ての頃を思い出してみてください。

緊張や不安、ドキドキする場面や気を遣うケースなどなど、きっと「いまとは違う」ということが増えてきているはず。

カップルとして成長した場面をチェックしていけば、彼にプロポーズを意識してもらう時期かどうかの判断がしやすいかもしれませんよ!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)