好きな人ができると、女性は外見磨きに力を入れたくなるものです。

でも、男性の恋心をつかむなら、会話の中で好感度を上げるのが一番!

そこで今回は、挨拶をした後にできる、おすすめの会話ネタを4つご紹介します。

好きな人と何を話せばいいのか迷ったら、楽しく話せる話題を武器にしてみてくださいね。

魅力3割増!好感度を上げる挨拶後の会話ネタ4つ

最後に会った日の後にしたことの話

挨拶の後、会話のネタが思い浮かばないときは、彼と最後に会った日のあと、あなたが何をしたのかを話してみてください。

たとえば、「そうそう、あの後○○ちゃんに○○のこと聞いてみたんだけどさ~」や、「あ、聞いて!この前行ったお店さ~」といった話題。

こうした内容は、相手の男性に好意的な印象を与えやすいのでおすすめです。

また、「自分のことをよく考えてくれていたのかもしれない」と期待させる効果もあるので、恋に発展する可能性も!

ずっと話したかったのが分かる話

好きな人と会えない日が続くと、「早く会いたい」「もっと話したい」という気持ちがどんどん大きくなってしまうものです。

そんなときは、挨拶の後、「そうそう聞いて~!」と嬉しそうに、少し興奮気味に話を振ってみてください。

たとえば、何か目標を達成したら、「すごく頑張ったら、○○ができるようになったの!褒めて~!」とかわいく甘えてみる。

また、「先週のドラマで、○○が出てたよね!」と、彼も見ていそうな番組を話題にするのもOK。共通の趣味の話題なら、彼も話しやすいではずです。

「俺と話すのが嬉しいんだな」と思わせれば、彼からの連絡がもっと増えるかもしれませんよ。

今日のオシャレに関する話

今日のオシャレに関する話

オシャレに関するコメントを求めるのも、挨拶後に使いやすい会話ネタのひとつです。

たとえば、スカートの裾をヒラヒラさせながら「どうこのワンピース?つい一目ぼれして買っちゃった~!」と感想を求めてみるのもアリ。

「可愛いね」と言わせたがっているのが相手の男性に伝われば、脈アリかも?と期待させるので、恋を意識させやすいでしょう。

他にも、アクセや靴、小物などもOK。

お返しに彼のオシャレも褒めてあげれば、好印象になるはずです!

いま憂鬱に思っていること

誰だってときには、気が重い、憂鬱に思うこともあるでしょう。

じつは、そういったネガティブ系の話を挨拶後の会話ネタにするのもおすすめです。

「○○ってイヤだよね~」という会話は、ネガティブではありますが、相手の男性と共感し合えるなら、好感度アップの要素に変化!

憂鬱に思える話でも、「今日乗り切れば明日お休みだもんね!頑張ろう!」と励まし合えれば、一体感も出て、ふたりの心の距離も近づくはず。

もし可能であれば、頑張ったことへのご褒美として、食事などに誘ってみるのもおすすめです!

何気ない会話でOK!

挨拶後は、面白い会話を意識してしまうかもしれませんが、何気ない会話でも、共感ができれば100点。

サラッと流されたからといって、完全に脈ナシとは言えません。

「会話できることが嬉しい!」「もっと話したい!」という気持ちが相手に伝わるように、好感度をコツコツアップさせていってくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)