付き合っている年数を重ねていくと、不安になるのが女心です。

男性が結婚を意識するのは、転勤のタイミングや、周囲が結婚をしはじめたときなどが多いようです。

しかしこの他にも、付き合っている彼女の言動に、強く将来を意識することもあるようです。

彼らの心を決心させるのは、どんな言動なのでしょうか?

俺達そろそろ…男性が「結婚したい」と思えるのはどんな女性?

向き合ってくれていると感じたとき

結婚は、自分たちだけでなく両家の親も関わる大事なことです。

気楽な恋人同士の付き合いとは、また違った関係だと考えたほうがいいでしょう。

結婚生活では、多かれ少なかれトラブルやアクシデントがつきものです。ケンカをしたり、話し合いが必要になったりする場面も多々出てきます。

そんなときに、自分の意見を通してばかりだったり、話し合いに応じなかったり……そんな女性は、残念ながら結婚相手としては見てもらえない可能性が高いです。

きちんと向き合い、冷静に話し合いができる姿勢を見れば、男性は「この子となら……!」と思ってくれるはず。

本当に自分のことが好きだと感じたとき

自分への愛情をはっきりと確信したときにも、結婚を意識するようです。

「言わなくても伝わっているから」……よく聞くセリフですが、少しワガママなものなのかもしれません。

「大好き!」「ずっと一緒にいたいな」など、きちんと言葉で愛情を伝えてあげると、男性も安心して二人の将来を考えられるのではないでしょうか。

自分の体調を気づかってくれたとき

体調の悪いときや精神的に弱っているときに、「大丈夫?」「何かできることはある?」と優しく気づかってくれる女性に、心動かされる男性は多いです。

とくに男性は、あまり好きな女性に弱みを見せたくないもの。

しかし、一緒に長く暮らす結婚生活では、お互いの助け合いが必須ですよね。

弱って情けない姿も幻滅せず、献身的に支えてくれる……、そんな姿はきっと魅力的に映ることでしょう。

ただし、押しつけがましい気づかいは逆に迷惑になることもあります。

あくまでも相手を思いやった気づかいを心がけましょう。

生活力があると感じたとき

生活力が必要となる結婚生活。

いくら自分のお金とはいっても、浪費家や無駄づかいの多い女性の行動を見て「結婚は無いな……」と感じる男性も多いです。

堅実にしっかりと貯金をしつつ、将来のビジョンもはっきりと持っている女性となら、安心して二人の未来を考えられるのではないでしょうか。

ただし、はじめから「専業主婦が夢!」「パートでも良いよね?」などという言動はNG。

むかしと違って終身雇用が当たり前ではない今、いくら高収入の男性であってもドン引きしてしまう可能性も。

今は、一緒に支え合って生きていく頼もしい女性の方が好まれます。

結婚は2人の関係を変える大きな一歩に

結婚はゴールではなくスタートです。

共働きが増えているとはいえ、生活の基盤を支える大黒柱としてのプライドと責任を持つ男性は多いです。

当然、生涯を共にする相手も「本当に、この人でいいのかな?」と慎重に選ぶことになるでしょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)