付き合うまで秒読み!……だったはずが、最近、彼からの連絡があまり来なくなってしまった。

そんなときは、もしかしたら何気ない言動が引き金になって、相手の男性がドン引きしたのかもしれません。

男性たちは一体どんな言動に「ドン引き」するのでしょうか?

どれだけ好きな相手でも…男性が「ドン引き」する言動とは

悪口や愚痴が多い

口を開けば誰かの悪口や、仕事の愚痴がこぼれる……これでは、どんなに好きな相手だとしても、男性は引いてしまうでしょう。

あまりに悪口の頻度が高いと「もしかして、俺や俺の友だちのことも裏で悪く言っているかも……」などと疑心暗鬼に陥ってしまう可能性もあります。

ため込んでしまうのも精神衛生上よくありませんが、できれば好きな人ではなく、仲の良い友だちなどに話を聞いてもらうようにしましょう。

だらしない

家が散らかっていたり、カバンや財布の中がグチャグチャだったり……。

こんな場合にも、男性はドン引きするでしょう。

とくに結婚を意識している男性にとっては、将来自分だけが片付けをしている姿が脳裏をよぎる場合も……。

整理整頓だけでなく、貯金や料理、人付き合いすべてにおいていい加減だと連想されてしまうこともあります。

片付けが苦手でも、最低限の清潔感を保てるように心がけましょう。

冷静に話し合えない

冷静に話し合えない

ケンカしたときには、自分でブレーキをかけられない……なんてことがあるかもしれません。

しかし、そんな一面も男性にとってはマイナスポイント。「冷静に話し合いもできないのか」と、距離を置かれてしまうこともあります。

この先もいっしょに暮らしていきたいと願う相手に対して、自分の意見を言うのは大切なこと。

ですが、感情的に言うのはNGです。

相手の言い分もしっかりと聞き、落ち着いた前向きな会話ができるように意識してみてくださいね。

金銭感覚が合わない

長く共に過ごすうえで、金銭感覚が合うかどうかは男性にとって重要なことの一つ。

プレゼントの金額はもちろんのこと、日常的に使っているカフェやレストランがあまりに高いところばかりだと、心配になってしまうでしょう。

かといって「高すぎるからダメだよ」とは言えないのも、男のプライド……。

あまり無理をさせないためにも、可能であれば、彼がいつもどんな店に行くのかなどを聞いてみると良いでしょう。

とはいえ、「水道水しか飲まない!」「必ずお弁当持参」など、倹約しすぎる女性は「結婚したら財布の紐をにぎられそう……」と思われてしまうことも。

贅沢にしろ質素にしろ、「金銭感覚のずれが少ない」ことが大切なのです。

心当たりのある女性は要注意!

付き合いの中で、居心地の良さを求めるのは男性も同じです。

お互いの価値観をすり合わせて、対等で気持ちの良いお付き合いをしたいですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)