男友達のことを恋愛対象として意識するようになった場合、どう接したらいいのかちょっと悩んでしまうでしょう。

そんなときには、何気ないひと言でドキッとさせることで、ふたりの関係性に刺激を与えてみるのもひとつの方法です。

そこで今回は、「男友達」の心を揺さぶる何気ないひと言を紹介します。

友達以上になりたい!「男友達」の心を揺さぶる何気ないひと言

「○○にはなんでも話せる」

「『やっぱり○○って話しやすい』って言われると、急にドキッとしてしまう。なんか改まって言われると、こっちも変に意識してしまうかも」(29歳/男性/販売)

「○○にはなんでも話せるな」と言われたら、自分に心を許してくれていることが伝わりうれしくなるもの。

ほかの男性ではなく、自分に心を開いてくれていることに、ちょっとした優越感だって抱くかもしれません。

気になっている男友達に相談に乗ってもらったときには、「あなたにだけには言えるの」といった気持ちをさりげなく伝えてみるといいでしょう。

「そういうところいいよね」

「自分のことを肯定してもらえると、ちゃんと理解してくれているという感じがします。そういう女性のことは、ただの友達よりも大事に思うようになりますね」(25歳/男性/飲食)

「○○のそういうところいいよね」とか「そういう考え方、好きだな」といったセリフは、男性の心にはかなり響きます。

自分のことを認めてくれている感じがするので、男性もあなたのことを特別な女性としてとらえるようになるはず。

考え方やセンスなどを褒めると、特に男性の喜びは大きくなるものなので、それを意識しておくといいですよ。

「ふたりでいいじゃん」

「ふたりでいいじゃん」

「飲みに行こうって話になったときに、『ふたりで行こう』って言われてめちゃくちゃドキドキしたことがあります。そこから妙に意識するようにもなっちゃいましたね」(31歳/男性/薬剤師)

「メシでも行こうか?」「あと誰か呼ぼうか?」なんて男友達から言われたときに、「ふたりでいいじゃん」と答える。

この不意打ちのセリフには、男性は確実にドキッとすることでしょう。

勇気を出して、「ふたりがいいな」と言うことができたら、さらに大きく男性の心を揺さぶることができますよ。

「○○が一番わかってくれる」

「『○○さんはわかってくれてる』と言われると、なんとなくふたりの間に絆のようなものを感じます。なので、素直にうれしいですね」(32歳/男性/システムエンジニア)

「あなたが一番」という女性からのひと言には、男性はプライドを大きくくすぐられます。

気心が知れている友達関係だからこそ、「わかってくれる」という言葉の持つ意味もちゃんと男性に響くはず。

気になっている男友達が何かアドバイスをしてくれたときには、ただお礼を言うだけではなく、「やっぱり○○が一番わかってくれる」と最後に付け加えてみてくださいね。

きっかけを作って

いきなり思いを告げるのは難しいでしょうから、まずはちょっとしたひと言で男心を揺さぶってみましょう。

これは、気になる男友達と深い関係になっていくために、かなり効果的な手段だといえますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)