「付き合ってほしい」とか「彼女になってほしい」と感じたら、男性はその女性に対して本気モードになります。

交際に発展させるために、LINEでもさまざまなアピールをしたり、好意を示す発言を見せることでしょう。

そこで今回は、男性が「付き合いたい女性」に送るLINEのパターンをご紹介します。

【鉄板】男性が「付き合いたい女性」に送るLINE・4パターン

1.「彼女がほしいアピール」をする

「『あー、彼女ほしいなー』って何回も言いますね。デートしたいとか、一緒に映画を観たいとか、やりたいことも一緒にアピールしたりもするかも」(28歳/男性/インストラクター)

男性が「彼女がほしい」と言うのは、好きな女性へのアピールか、誰かを紹介してほしいというアピールのどちらかのケースがほとんど。

そのため、紹介してほしいといった様子が見られないのなら、あなたへのアプローチかもしれません。

そこから恋愛トークを広げていくと、お互いの恋愛観もわかります。ふたりの距離をグッと縮める大きなきっかけにもなるでしょう。

2.「休日の予定」を探る

「あわよくばデートをしたいからこそ、休日の予定はさりげなく聞いちゃいますね。何も予定がなかったら、それだけでちょっとテンションが上がります」(31歳/男性/金融関係)

好きな女性が休日に何をしているのかは、男性としてはものすごく気になる部分。

男性と遊んでいないか、デートのようなことをしていないか、どういった休日の過ごし方をしているのか。

そういったことを知りたいでしょうし、デートに誘い出したいという思いもあるでしょうから、休日の予定を探るというのは付き合いたい女性にはよく見せる言動ですよ。

3.相談に「真剣」に答える

3.相談に「真剣」に答える

「悩みとか愚痴とかを打ち明けてくれたら、それは真剣に聞いてアドバイスとかもしたいなって思います。せっかく頼ってもらえたんだから、ちゃんと応えたいです」(27歳/男性/飲食)

本気で好きな女性や付き合いたい女性には、当然ながら真剣に向き合うようになるもの。

好意を持たれたいのはもちろん、本気で思っているからこそ心配に思う気持ちも大きくなっていくのでしょう。

ちゃんと相談に乗ってくれたり、親身になってアドバイスをしてくれたりするのなら、あなたを大事に思っているという証拠ですよ。

4.「今度行こうよ」とよく言う

「付き合いたい女の子には、とにかくお誘いの言葉をたくさん投げかけます。『今度行こうよ』って言ってOKをもらえたら、すぐにデートをセッティングしますね」(31歳/男性/WEBデザイナー)

「今度メシでも行こうよ」とか「近いうちに飲みにでも行こう」といったセリフは、社交辞令に聞こえやすいでしょう。

でも、頻繁に言ってくる場合は、本当に誘いたい気持ちがある可能性が高いかも。

あなたの反応を見ているのかもしれないので、「行きたいです!」とか「いつですか?」などと、食いついている感じを出してみて。

そうすれば男性も「じゃあ、来週とかどう?」とすんなりと誘えるはずですよ。

LINEには「好き」が隠れてる

面と向かってよりも、LINEのほうが誘いやすさがあります。

そのため、遠回しでも誘うような素振りを見せてくる男性は、あなたとの距離を縮めたいという思いを抱いている可能性が高いでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)