男性からキープの相手にされてしまうと、そこから本命になるのはなかなか難しいもの。

好きだからといって、相手に合わせてばかりいると、都合よく扱われてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、「キープされてしまう」女性の特徴を紹介します。

本命にはなれないかも…「キープされてしまう」女性の特徴

「すぐに落とせそう」な感じがある

あまりにも簡単に落とすことができそうな女性に対しては、「わざわざ彼女にしなくてもいいかな」という思いが湧きおこる男性もいるかも。

いつでも彼女にできそうな感じがするので、ひとまずキープしておこうという考えにつながるのでしょう。

アピールをすることは大事ですが、過度の好きアピールはマイナスに働いてしまう危険性も秘めています。

自分の思いだけを突っ走らせるのではなく、ちゃんとお互いの状況を見ながら関係性を深めていくことが大切ですよ。

「文句」を一切言わない

好きな男性が取る言動に対して、文句や反対意見などはなかなか言いにくいもの。

でも、何も言わないままただ従うのでは、男性の言いなりのような状態になってしまうだけ。

不満に感じる部分や自分の考えがあるのなら、それはきちんと伝えたほうがいいです。

言いたいことを言い合える関係性になれたら、信頼や絆も生まれていくので、男性もあなたのことを大事な存在に感じてくれるようになりますよ。

「自分の気持ち」を出さない

「自分の気持ち」を出さない

好きな男性のまえでは、恥ずかしさや緊張からあまり上手に自分の気持ちや感情を出せない女性もいるでしょう。

それは仕方がないことではありますが、あまりにも感情が読めないと、男性としても踏みこむことができません。

「この子は何を考えているのかわからない」と感じたら、男性は好意を持っていても一旦キープしておこうと考える場合もあるよう。

せめて楽しいとかうれしいといった気持ちはちゃんと表現するようにしないと、「この子とずっと一緒にいたい」と男性に思ってもらえないこともあります。

まったく「干渉しない」

干渉をしすぎると、束縛がはげしい重い女性だと思われて、男性からは敬遠されてしまうでしょう。

だからといって、逆にまったく干渉をしないと、男性に自由にやりたい放題やられることになるかも。

それは男性にとってまさに都合のいい女性なので、本命相手としては見てもらえなくなる可能性が。

最低限のスケジュールを共有したり、何をしているのかが気になるときは素直に聞いたりしたほうが、特別な関係性に発展していきやすいですよ。

ときには意見を

ちゃんとお互いを尊重し合って、意見もかわし合える。

そういうふたりになることが、本命女性として意識してもらうためにも重要なポイントです。

男性にとって、ただの言いなりのようには絶対になってはいけませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)