好きな人と付き合い始めたけれど、距離感が分からず戸惑ってしまう。なかなか彼氏に甘えられず、カップル感が出せずにいる。

そんなあなたに「付き合ったばかりのとき、男性が寂しいと感じる彼女の行動」を紹介します。

あなたの彼への愛情が裏目に出てしまい、男性が寂しさを感じることもあるみたい。

男性の気持ちを理解して、彼女らしい振る舞いを身につけましょう。

付き合ったばかりのとき、男性が寂しいと感じる彼女の行動3つ

心配させまいとする

「付き合って1か月になる彼女が、高熱で会社を休んだことを教えてくれなかったことがあって。すごく寂しい気持ちになりました。そういうときこそ僕にできることがあっただろうし、遠慮せず甘えてほしかったです」(28歳/教育)

彼に心配をかけたくないと、体調不良を隠してしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし彼からしてみれば「言ってくれれば、なにかできたのに……」と寂しくなってしまいます。

軽い風邪であれば、買いものを頼んだり付き添ってもらったり、彼のことを頼ってみてはどうでしょうか。

付き合っているのだから少しくらいは心配させてあげて、彼の見せ場を作ってあげましょう。

敬語で話す

「付き合い始めたら、少しずつでもいいから敬語をやめてもらえると嬉しいな。タメ語のほうが、近い感じがして好きなんです」(29歳/コンサルティング)

年上だったり仕事関係で出会った人だったり、相手に対して敬語で話すことが当たり前になっているあなた。

付き合ってからも敬語なのは寂しい、という男性は多いようです。

すぐに敬語をやめるのが難しい場合は、敬語とタメ語を混ぜて話すことから始めてみましょう。

ひとりで何でもやろうとする

「彼女に全然頼られないのは悲しいですね。そんなに俺、頼りないと思われているのかなと不安にもなります」(31歳/警備)

好きな女性から頼られたい男性は、少なくないでしょう。

付き合っているのに何でも彼女がひとりでやってしまうと、彼氏は少し寂しさを感じるようです。

ですので重い荷物を運んでもらったり家具の組み立てを手伝ってもらったり、簡単にできそうなことは彼に頼んでみましょう。

ふたりの関係性が、もっと深いものになっていくかもしれません。

彼氏に甘えてみよう

男性の多くは、恋人になったら気のおけない関係を築きたいと望むようです。

少しもわがままを言わずにいると、彼は「気を許してもらえていないのかな」と不安になることもあるみたい。

甘えたら彼に重いと思われないかな、と不安に思わなくて大丈夫です。

ちょっとした頼みごとから、甘えることに慣れていってくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)