身近な人を意識し始めたきっかけは、意外と小さなことだったというパターンは多いものです。

今回は、男性が身近な女性を「恋愛対象」にした瞬間について聞いてみました。

男性が恋愛モードに入るタイミングは、女性が思っている以上にささいなことのようですよ。

そんなことで?男性が身近な女性を「恋愛対象」として意識した4つの瞬間

好きなものに興味を持ってくれたとき

「自分がハマっているゲームについて同僚と話していると、後輩が『え? 何の話ですか? 面白そう!』と興味を示してくれました。

ゲームの映像を見せながら話していると『あ、このキャラ可愛い!』『私○○やってみたい!』など、独特な目線で気に入ってくれたのが嬉しかったです。

それから、後輩のことを意識してしまうようになりましたね」(25歳/会社員)

男性は、自分の趣味や好きなものに興味を持ってもらえると嬉しいようです。

すぐに話を流さずに、どんどん質問したり、思ったことを伝えてみたりすると、意識してもらいやすくなるかもしれません。

そっと耳打ちされたとき

「会社の打ち上げで、先輩が自分の好物を注文してくれました。

偶然かな? と思っていたんですが、『○○くん○○好きだったよね?』とコソっと耳打ちされて……。

好みを覚えていてくれたことと、吐息混じりの耳打ちに、かなりクラッと来ました(笑)」(23歳/会社員)

耳打ちされると、ドキドキしますよね。

内緒話だけでなく、「私、○○苦手だから○○だけお願いしていい?」など頼りたいときにも効果的ですよ。

持ち物を貸してもらったとき

「同僚が『私のペン使う?』とさりげなく貸してくれたんです。

帰宅して、改めてそのペンを見ると、ハートマークの飾り付きで、女の子らしい可愛いペンでした。

『このペンをいつも使っているんだな』と考えていたら、急に同僚が女の子に見えてきました」(27歳/会社員)

男性は、普段あまり意識していない女性の持ち物を見て、女性らしさを感じることもあるようです。

また、ささいなことから、恋愛に発展するかもしれません。

ペンのほかにも、ハンカチやポケットティッシュなど、気軽に貸したり渡したりできるものは常に持ち歩くようにしましょう。

偶然、肌や髪に触れたとき

「カラオケでメニューを見ていると、女子のひとりが、『何か頼む~?』と覗き込んできました。

そのとき、ふわっと髪の香りがしたんです。

しかも、その子が二の腕をくっつけてきて、柔らかくて刺激的でした。

帰ってからもずっと忘れられなくて、次の週、デートに誘ってしまいました」(29歳/建設業)

女性の髪や肌も、男性が魅力的に感じる部分です。

不意に触れ合って、ドキッとさせることもあるかもしれません。

日頃からお手入れに注力して、突然訪れる恋愛のチャンスに備えておきましょう!

ささいなことから恋愛対象に♡

女性にとっては何気ないことが、男性が見る目を変える瞬間かもしれません。

突然訪れる恋のチャンスをしっかりつかむために、常にアンテナを張っておけるといいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)