「ケンカするほど仲がいい」なんて言葉もありますが、カップルにとっては別れの原因になってしまう場合もあります。

しかし、ケンカによって仲を深めているカップルがいるのも事実。

今回は男性側に、ケンカによって仲が深まる彼女の特徴について聞いてみました。

ケンカで愛が深まる?彼氏と仲直りできる女性の特徴

日頃の行いが良く、信頼できる

「意見が合わずにケンカになることはもちろんあります。

でも彼女は、普段からこまめに連絡くれたり、僕の話をしっかり聞いてくれたりします。

『勢いでケンカ別れなんて嫌だな』と思うので、ちゃんと謝ります」(25歳/男性)

ケンカが別れにつながってしまうかどうかは、日頃の行いが大きく関係するようです。

ストレスが溜まっている関係であれば、ケンカが最後の一押しになってしまうかもしれません。

普段からストレスが少なく、癒やしてくれる彼女なら、男性だって簡単に手放しませんよ。

ケンカ中に別れを切り出さない

「ケンカ中に『もういい、別れる!!』って言われて本当に別れてしまったことがあります。

後日、『やっぱり別れたくない。あれは勢いで言ったの』と言われて復縁したけど、一度別れてしまうと気持ちが戻らなくて。

大事なことを勢いで簡単にいう、っていうのもマイナスポイントでした」(28歳/男性)

売り言葉に買い言葉な姿勢は、ケンカ中によくあるものですが、その態度を嫌う男性は多いようです。

どんなにイライラしたとしても、別れ話を切り出して、相手を従わせようとするのはNG。

「別れようと言われた途端に気持ちがさめる」という人もいます。

ケンカの勢いだとしても、彼を試すような発言は避けましょう。

お互いが気持ちをスパッと切り替えられる

お互いが気持ちをスパッと切り替えられる

「気持ちの切り替えがうまい人がいいです。

今の彼女は「じゃあケンカ終わり!おいしいもの食べて仲直りしよう。割り勘ね!」みたいな感じで、気まずい空気を切り替えてくれる。

後に引かなくていいのは本当に楽です」(24歳/男性)

一段落しても、いつまでも文句を言ってきたり、暗い顔をされたり。

男性はそんな態度に「まだ何か不満が?」とイライラするようです。

それが原因で、第二ラウンドのケンカを引き起こしてしまうかもしれません。

ケンカが終わったらすぐ切り替えて、お互いが気持ちよく過ごせることを心がけましょう。

「私も悪かったけど…」と言ってくれる

「自分の都合だけど、僕は謝るのが苦手。

前の彼女は『私は悪くないから絶対謝らない』って攻撃し続けてくるタイプで……。

今の彼女は『私の言い方も悪かったけど』と、先にちょっと折れてくれるので、僕も謝ろうと思えます。

大人だなあと思って、頭が上がりません」(26歳・男性)

男性から謝ってもらうことにこだわりすぎると、ケンカ別れにつながってしまうかもしれません。

絶対に自分は悪くないという態度の彼女に、「謝れ!」と言われて謝るくらいなら、最初からケンカに発展はしていないはず。

謝るのが苦手な男性は多いですが、悪いと思っていないわけではありません。

謝ってほしいと思うのであれば、男性の素直な気持ちを引き出すことを意識してくださいね。

ケンカはヒートアップさせないで!

ケンカ別れは、もっとも心がすっきりしない別れ方。

誠実さと切り替えの早さが、仲直りをする秘訣ですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)