好きな男性とLINEをするときって、緊張してしまいますよね。

でも、フランクにいろいろなことを話せる関係性になれると、絆はどんどん深まっていくものです。

そこで今回は、片思いしている男性と「LINEを長続き」させるコツをご紹介します。

片思い中の彼と「LINEを長続き」させるコツとは?

大事なことはいちばんに伝える

大事な報告をいちばんにしてくれると、「それだけ俺の存在が大きいんだな」と実感できて、男性は優越感を抱けるもの。

同時に、そんなふうに自分のことを思ってくれている女性の存在は、男性のなかでも大きくなっていくはずです。

なんでもかんでも報告をするのは鬱陶しく思われる場合もありますが、重要なことはちゃんと伝えておくべき。

まずLINEで「大事な報告があって」と言って、詳しい内容は実際に会って話すという形でもいいでしょうね。

返信を催促しない

好きな男性にLINEを送って返信が来ないと、ものすごく不安な気持ちになりますよね。

「私に嫌気がさしたのかな?」「ほかの女性といるのかな?」「私に興味がないのかな?」。

そういった思いを募らせ、「なんで返信をくれないの?」とせかしてしまうと、次第にお互い重荷になっていくはず。

「ときには返信ができないことだってある」と認めて割り切るようにして、もっと軽い気持ちでLINEができると、ストレスを抱えることはなくなるでしょう。

なるべく短文にする

なるべく短文にする

LINEで長文が送られてくると、圧迫感が強く、ゲンナリしてしまうもの。

スマホの画面がたくさんの文字で埋め尽くされたら、読もうという気になれなくなるかもしれません。

LINEは、基本的には短文でポンポンとテンポ良く会話を交わしていくのに適しているツールです。

いつも短文で簡潔に話ができる女性であれば、お互いに無駄な労力を使うこともないですし、男性が嫌な印象を抱くようなこともないでしょう。

深く考えすぎない

好きな男性にLINEを送ろうとするときには、どんな話をするべきなのかと、いろいろと考えるでしょう。

でも、そうやって思い悩んで送っているLINEは、男性側からするとちょっと窮屈で重い内容に感じられるケースが。

できればなんでも話せるような関係になるのがベストなので、まずはあなたのほうから気軽に話しかけてみることが大事。

男性から「話しやすいな」と思ってもらえれば、いい関係が築けますよ。

気楽にLINEしてみて

好きな男性とLINEのやり取りをする際には、重く硬い内容にならないように気をつけることが重要です。

距離感を縮めるためにも、気軽さを心がけることは大きなポイントになりますよ。

「なんでも話せる関係」を目指しましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)