気になる彼との距離を縮めたいけど、なにからすればいいのかわからない……。

そう悩むこともありますよね。

悩みに悩んで必死にしたアピール、もしかしたら男性には伝わっていなかったり、不審に思われていたりするかも……。

今回は、男性が嫌う「中途半端なアプローチ」をご紹介します。

気づいてないかも…男性が嫌う「中途半端なアプローチ」って?

友だちを経由して誘う

「飲み会で、『メイ』という女の子と知り合い連絡を取っていました。するとその子の友だちから、飲み会の誘いが来ました。『メイも来るよ』って言うんです。

同じような誘いを何回か受けました。でも、本人からの誘いはありません。これは友だちを使って誘わせてるんだと、面倒臭いと思いました」(27歳/医療)

誘って断られたらどうしよう……と思う気持ちは、よく理解できますよね。

そこで、友だちに頼むという手段もあるでしょう。

一度ならやってみてもいいかもしれません。

ただ、それがあまりに続くと相手も「友だちを使っているのかな」と気づき、面倒だと思われてしまうでしょう。

自分の知らないところで、根回しされている状況は、男性にとって気持ちのいいものではないですよね。

勇気を出してあなたから誘ってみたら、意外とOKしてくれるかもしれませんよ。

内容がないLINEを送る

「知り合って、1回2人で飲みに行った女の子から『お久しぶりです!』とLINEが来たんです。前に飲みに行ったのが1週間前で、そんな久しぶりじゃないし……と思いました。

それに、自分の近況だけを伝えてきて、ほかはとくになにもなし。返信すべきかどうかも悩むくらいでした」(25歳/広告)

好きな人といつも繋がっていたい、と思うのは自然なことです。

1週間も連絡を取らないと思いが募るばかりで、長く感じてしまうのでしょう。

けれども、とくに用件がないのに、近況報告のLINEを送るのは控えてください。

相手は返信の内容に悩んだり、そもそも返信した方がいいかどうか戸惑ったりと、気をつかわせてしまうかも……。

用事はないけれど連絡を取りたい場合、返信を求めるような内容にしてみましょう。

たとえば、「この前のドラマ見た?」や「○○(共通の知り合い)が彼氏と別れたの知ってる?」などです。

誘われ待ちをする

「何回かデートした子がいて、いい感じで進んでいると思っていました。

でも、連絡を取っていて、その子が『映画を見に行きたい』と言ってくれるんだけど、こっちが誘わないと話が進まないんです。途中で疲れました」(33歳/不動産)

多くの男性にとって、女性から「行きたい」と言われるのはうれしいことです。

デートに誘ってくれるかもしれません。

ただ一緒に行きたい場所を告げてあとは相手に任せるのは、男性からの好意がある場合にこそ、成立するものかもしれません。

あなたに対する男性の気持ちが、それほど盛り上がっていない状態では、あなた自身ももう少し積極的になるといいでしょう。

それに、お互いを深く知らない段階で、デートの内容を考えるのは骨の折れることです。

あなたからもいろいろ提案して、2人の希望をすり合わせていけば、予定を立てるときから、気分が盛り上がること間違いなしでしょう。

2人の距離を縮めるために、あなたもひと肌脱ぐつもりで、一緒に予定を考えてみください。

ツンデレを履き違えている

「ある女性から『飲みに行こう』という誘いは来るんですね。でも、会ってもそんなに楽しそうじゃないし、むしろ冷たいぐらい。

でもなぜかまた、お誘いが来るんです……。気持ちがよく分からないので、連絡を取るのをやめました」(26歳/SE)

緊張のあまり、態度が冷たくなってしまうのなら、仕方ないことです。

ただ、もしあえて冷たい態度をとって気を引く作戦なら、残念ながらうまくいかないかも……。

少しでいいので「あなたに興味があります」という姿勢を見せると、相手に好意が伝わるはずですよ。

男性は一般的に、ストレートな愛情表現に弱いもの。

一緒にいて楽しそうな表情や、言葉で意識的に気持ちを表現することで、あなたを恋愛対象として意識しはじめるかもしれません。

そのうえで、ときどき冷たい態度をとると、非常に効果的ですよ。

冷たい態度もタイミングが大切。

グイグイ攻めてからサッと引くのであれば、押して引いての効果が期待できるでしょう。

中途半端なアプローチは危険かも

どうアプローチをかけるのかは、やっぱり難しい問題ですね。

でも1番もったいないのは、気持ちが届かないことですではないでしょうか。

中途半端なアプローチで、相手に困惑されたり敬遠されてしまったりするのは、もったいないでしょう。

ときには、好きな気持ちを素直に表現してもいいのです。

行動に出ることで、相手が好意に気づいて意識してくれるかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)