気になる彼とのLINEのやりとりが続かない、反応が薄い、なかなかデートの約束を取り付けられない……。

そう悩んだことはありませんか?

じつは、男性が返す気をなくしたり、面倒くさいと感じたりするLINEを送っているかも……。

今回は、女性からの「ガッカリLINE」をご紹介します。

返信する気にならない…女性からの「ガッカリLINE」とは

即レスだったのに、突然返ってこなくなる

「即レスでやり取りを続けて盛り上がっていたのに、いきなりLINEがこなくなったとき。『なんかあった?』と心配になる。トークの途中で離脱するのはNG!イライラする」(25歳・男性)

スマホの電源が落ちたとか急に忙しくなったとか、理由はあると思いますが、会話の流れを無視して強制終了になった場合は、なにかフォローを入れたいところ。

急にLINEを止めることで、彼に気にしてもらえることは間違いないですが、同時に「落ち着かない」「意味不明」と思わせてしまっていることも……。

駆け引きとしてなら絶対やめたいところです。

細切れのLINEを連続で送る

「細切れのLINEを何通も送られてくるのが嫌。通知はガンガンくるのに、本題に入るまでが長いとイライラする。

『えっと』『相談したいことがあって』『ってか時間ある?』と延々LINEが来たときはスマホを投げそうになりました」(27歳・男性)

話の切り出し方をまとめてから、落ち着いて送ってくれ!という男性が多数派のようです。

通知はガンガン来るのに、まだ本題にすら入っていない……。

こんなとき「めんどくさ!」と、一時的にLINEの通知を切ってしまう男性も。

「まだ続きそうだからトークを開いたまま待ってるのに、微妙に5分とか間が空くとイライラ」なんて声も。

彼の時間を奪わない気配りをしましょう。

スクロールしても終わらない長文

「彼女とケンカしたら超長文のLINEが来ました。スクロールしても終わらない、LINEの吹き出しの中で完結しないくらいのやつ……。

内容は自分の考えと反省なんだけど、こんな長文を投げてくる時点で、僕の話を聞く気がないんだと思う」(31歳・男性)

文章の小出しも嫌われますが、長文すぎるのも考えもののよう。

LINEでコミュニケーションを取りたいと考える女性が多いですが、あまりの長文を送りつけるのは、一方的な印象でコミュニケーションとは真逆のLINEに。

長すぎて読む気がしないのはもちろん、人の話を聞かず、自分の考えだけをまくし立てているように見えてしまいます。

大事な話は会って話せるよう、アポ取りをするのがLINEの正しい役目と言えそう。

意味のないスタンプや絵文字

「彼女が、リアルな幽霊みたいなキモいキャラのスタンプをよく使う。『それグロいからやめて』って言ってるけど、可愛いのに!って送ってくる」(24歳・男性)

「絵文字は一行に一個までなら気にならないけど、それ以上はバカっぽい」(25歳・男性)

男性は、そもそもLINEスタンプを重視している人が少なめ。

女性同士でなら笑えるスタンプも、内容にそぐわないものやウケ狙いすぎるものは「なぜこれを?」と思うそう。

絵文字も同様で、素っ気なく見えがちな文章にハートや笑顔の絵文字で気持ちを添えてくれるのは嬉しいけど、やたら多い絵文字は「意味がわからない」「邪魔」と散々な言われよう。

理由のない彩りだけの絵文字・スタンプは不要と言えるでしょう。

LINEに合わないコミュニケーションは危険

細切れすぎ・長文すぎ、無意味なスタンプなど「え、なんで?」と違和感があるようなLINEを面倒に感じたり、がっかりしたりする男性が多いよう。

その違和感は「LINEで重たい話をしようとする」「文章を吟味ぜず、絵文字やスタンプまかせ」など、LINEに合わないコミュニケーションを選んでいるせいかも。

「LINEはさっぱりめ」のほうが、意外にも好評ですよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)