気になる彼と二人きりになったとき、不意にスキンシップが発生したらドキドキしませんか?

まだ相手の好意がわからない場合は、「それってどんな意味?」と気になるはず。

今回は、男性が本命にしかしない「スキンシップのとり方」をご紹介します。

男性が本命にしかしない「スキンシップのとり方」とは

握手を求めてくる

男性は、まだ付き合っていない本命の女性にどうしても触れたいとき、握手を求めてくることがあります。

たとえば、食事の後の別れ際。

「じゃあまた近いうちにね」などと紳士的に言いながら、さりげなく手を握ってくるのです。

日本には、握手の文化がほとんどありませんよね。

同性である男性に握手を求めたり、好きではない女性や、どうでもいい女性に慣れない握手をわざわざする男性はいないはず。

つまり、彼があなたに握手を求めてきたら、好意によるものである可能性が非常に高いです。

例外として、チャラ男やセクハラ男の場合、やたら女性の手を握ろうとすることがあります。

でもそういう人は、その他のスキンシップにも旺盛なので、見分けは簡単でしょう。

彼が握手で好意を表してきたら、次回はあなたからデートに誘って、さらに距離を縮めましょう。

酔っても触ってこず、見つめる

多くの場合、男性はたとえ酔ったときでも、本命の女性にはやすやすとボディータッチをしません。

代わりに、まず相手の目を見つめる人が多いです。

彼らはどんなときでも、好きな子には「ゲス男」と思われたくないよう。

しかし、酔って気持ちが大きくなったときこそ、距離を縮めたい!と思うのも事実でしょう。

そこで、一歩踏み出す方法として、相手の目を見つめるという方法を取ります。

目が合ったときにあえてそらさず、そのままにっこり笑ったり、変顔をして笑わせたりなどの、非言語コミュニケーションを取るのがオススメ。

その後、頭をポンと撫でるくらいの、いやらしくないスキンシップを取ることもあります。

こんなしぐさは脈ありサインの可能性大。

あなたから連絡する頻度を増やしてみることで、恋が進展するはずです。

キスをしてもそれ以上はない

男性は、本命の女性と付き合う前にキスをしても、その日に「それ以上の関係」を求めようとはしてきません。

そもそも、本命の女性には「あわよくばキスをしよう」という心は持たないでしょう。

たまたまムードのある場所で二人だけになったから、ついしてしまった、というケースが多いはず。

逆に、性欲処理が目的の場合は、エレベーターのなかや路地裏など、人目に付かない場所に入り込んだらすぐにキスをしがち。

そして、そのままエスカレートし、ホテルに行きたがることも。

キスをきっかけに「好きだよ」という言葉が出ることも。

付き合う前にキスはアリ?と気になるかもしれませんが、純愛の場合もあるので、柔軟に対応しましょう。

ハグのときは正面から

男性は本命女性を抱きしめたいと思ったとき、両手を使って正面から包み込むようなハグの仕方をする傾向があります。

これは、付き合う前にハプニング的にハグが発生する場合も、付き合い始めてからの日常のスキンシップでも、同じでしょう。

本当に好きな女性には、オスとしての包容力を見せたいと思うことから、このような抱き方になるのです。

これに対して、アソビ相手の女性は、横に並び片手を腰に回して抱き寄せることが多いです。

腰という敏感なところを攻めて、その気にさせようという魂胆があるからです。

彼が正面からハグしてきたらあなたも抱きしめ返して、愛のサインを出しましょう。

脈ありならあなたも積極的に

このように、「ゲス男」だと思われたくないという男性心理により、本命の女性へのスキンシップは「大切にしてる感」を出しながら、マイルドに行われることが多いです。

ここで、彼が積極的ではないからといって「脈なし」と判定してしまうと、その恋はこじれてしまうでしょう。

恋を一歩先に進めたければ、あなたがリードして積極的にスキンシップを取る、という選択肢も念頭に入れておきましょうね。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)