筆者が受ける相談のなかで、意外と多いのが「告白の仕方がわかりません」というお悩み。

少女漫画やドラマでは、ほぼ初対面なのに「好きです!」なんて伝えるところから始まりますが、実際にこんな告白をしても成功率は低め。

今回は、女性がやりがちな「NG告白」をご紹介します。

もしこんな告白をしていたら、気をつけてみて。

あなたは大丈夫?男性から振られやすい「NG告白」

露骨に好きアピールをする

「バレンタインのチョコが自分のだけでかい……みたいなあからさまなアピールをされると重い。

まだ付き合ってもないのに、周りから固められているような……」(31歳/事務職)

彼にだけ「特別」を伝えたいのはわかりますが、周りにまでアピールするような方法をとると彼も気まずくなってしまうかも。

「特別感」を出すなら、こっそり彼だけにわかるようにするのがいいですよ。

いきなり告白をする

「ちょっといいと思っていても、まだデートもなにもしていないのにOKできない」(27歳/システムエンジニア)

学生時代であれば、電車で1年間見つめて恋心を温めて告白……なんていう図も成立するかもしれませんが、大人になるとそうはいかないもの。

あなたがどんな人かもわからないのに、「OK」とは言えないようです。

まずはお食事、どこかに出かけてから……など、「お試し期間」を設けて、ある程度お互いのことを知ってから告白するのがいいですよ。

なんのアプローチもなく告白をする

なんのアプローチもなく告白をする

「むしろ嫌われていると思っていた子から、急に『好き』とか言われても、嬉しいというか驚きます」(30歳/営業)

「そんな素振りがなさすぎて、知ってからぎくしゃくしちゃいました」(26歳/栄養士)

あからさまなアピールも問題ですが、まったくアピールしないのも問題。

さきほどに紹介した、「よく知らないのに告白をする」のと同じで、驚きから断られてしまうことがあるかも。

そのため、少しは恋心をにおわせて、彼を「意識」させましょう。

偉そうに告白をする

「いくらツンデレが流行りだと言っても、俺にだけ冷たい子とはつき合えない」(28歳/プログラマー)

好きな人の前では緊張してしまいますよね。

でも、ツンデレを好むのはそういうフェチの人だけ。

基本的に好きな人には優しくしてあげるのが大切です。

みんなの前だと恥ずかしいのなら、ふたりきりのときに優しくすれば、彼もキュンとしてくれるはずですよ。

告白の前に戦略を立ててみて

「振られてばかりで……」と自信を失くしている人から相談を聞いていると、「それって告白のタイミングが悪いだけでは?」と感じることがよくあります。

まずは彼にあなたのことを知ってもらい、仲良くなるのが大切です。

自分の行動をもう一度見直してみてくださいね!

(矢島みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)