「連絡はたまにとるけど、もしかして遊ばれてる?」「デートは何度か重ねたのに進展しない……」と、あまり積極的ではない彼の態度に不安になることもあるのではないでしょうか。

でも、なかには本気で好きだからこそ、行動に移せないこともあるみたい。

今回は、「男性が本気だからこそなかなかできないこと」をご紹介します。

脈なしにみえるけど…男性が本気だからこそなかなかできないこと

告白はなかなかできない

「本命には告白をするまでかなり時間がかかってしまう。なんだろう、心のなかでは『告白するぞ!』って決めているんだけど、実際に会うと緊張しちゃって。

で、帰り道に『あー……今日も告白のタイミング逃した』って、敗北感を味わってる」(27歳・不動産)

デートをしているのになかなか告白してくれないのは、それだけあなたに本気だからかもしれません。

とくに彼が草食系なら、時間はかかるでしょう。

そんなときは、彼が告白しやすいようあなたからイイ雰囲気を作ってあげましょう。

もしかしたら、どもりながらも告白をしてくれるかも?

過去の恋愛のことを話したがらない

「相手がド本命なら、過去の痛い恋愛や変なクセとか、そういう暴露話はしない。聞かれても無難なことだけ話す。暴露できるのは、恋愛対象として見ていない相手だけ」(32歳・IT)

「彼女に引かれたらどうしよう……」「これを言ったら嫌われないかな?」と考えると、どうしても過去の暴露話は避けたくなるよう。

もし彼が過去の恋愛のことを話したがらないのなら、あなたに引かれないために控えている可能性大です。

過去の恋愛の話はしてくれなくても、家族の話などをしてくれるなら、本気度は高めでしょう。

突然のお誘いや呼び出しはできない

「会いたい気持ちはあるけど突然誘ったり、呼び出したりなんて絶対しない。相手に不誠実に思われそうじゃん。

そういうことができるのは、キープとか都合いい相手とか、いつ縁が切れてもいい相手」(30歳・保険)

夜、突然好きな彼から「会いたいなぁ。今から飲まない?」なんて連絡が来たら、喜んでしまう女性もいるでしょう。

ですが、彼は本気じゃないからこそ、そういう気軽なお誘いができるのかもしれません。

本気で好きな場合、自分がどうしたいかよりも「相手にどう思われるか」を考えるので、不誠実に思われそうな行動は控えます。

気になる彼からあんまりポンポンと誘われない……という場合は、むしろ本命サインかもしれません。

修羅場になっても逃げない

「本命相手なら仮にケンカをして修羅場になっても、逃げずに向き合うし、別れる雰囲気になっても引き止める。

逆に、都合のいい関係ならそういう修羅場っぽい感じになったら、フェードアウトや自然消滅で関係は即終了」(29歳・コンサル)

本気なら、修羅場になっても逃げないはず。

きちんと向き合おうとしますし、去りそうなあなたを引き止めるでしょう。

もしあなたが彼の不誠実な言動を責めたときなどに、サッと姿を消すなら、彼はそれまでの男ということかも。

二人の関係で気になるところがあるなら、思い切って彼に伝えてみましょう。

本気だからこそできないこともある

本気だからできることもあれば、本気だからこそできないこともあるんです。

相手が思っているかなどを悶々と考えてしまって、なかなか動けない男性も多いもの。

彼の本気度を見極めるポイントは、積極性ではなく、その態度の誠実さです。

行動が控えめでも、誠実さが感じられるのなら、期待していいでしょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)