素敵な男性と知り合っても、一度「友達ポジション」になってしまうと恋愛関係に発展するのは難しいもの。

アプローチのタイミングを伺っているうちに、ほかの女性に取られてしまうなんてことがあるかもしれません。

どうしたら、友達から恋人に昇格できるのでしょうか?

今回は、「友達から恋人になるための方法」を4つ紹介します。

友達から恋人になるための4つの方法とは?

ふたりきりになる機会をつくる

いつもグループで遊んでいて、彼とふたりきりになる瞬間がないというあなた。まずは、ふたりきりになる状況をつくることに挑戦しましょう。

たとえばグループで遊んでいるときに、買い出しにふたりで行くなど。自然に、彼を誘い出しましょう

勇気があれば「ふたりで○○行ってみない?」と、デートに誘ってみてもいいかもしれません。

「急にどうしたんだろう?もしかして俺に気があるのかな?」と、異性として意識させるのです。

恥ずかしいかもしれませんが、友達の枠から外れるためには必要なことですよ!

いつもとは違う自分を演出する

一度友達として認識されると、異性としては見てもらえないもの。

そこで必要になるのが、驚くような「変化」です。

たとえば、同窓会。数年ぶりに再会した女友達が、大人っぽくなっていて急に気になりだすという男性は少なくありません。

それではいますぐにできることは何かというと、いつもと違う場所に彼といっしょに行くのがおすすめ。

平日の夜に居酒屋でお酒を飲むことが多いなら、休日の日中に映画を見に行ったり、テーマパークに行ったりしましょう。

彼とふたりきりでなくても大丈夫。オシャレをして、いつもとが違うあなたで臨むことを意識してみてくださいね。

しばらく連絡を控える

しばらく連絡を控える

相手に意識してもらうためには、押すだけではなく、引くことも大事です。

思いきって、連絡を断ってみてください。

しばらく置いてから、「久しぶり!」と連絡してみましょう。

会えない期間があるからこそ、恋しく感じたり、再会が喜べたりするもの。

もし、連絡を断っているときに向こうから「最近忙しいの?」と連絡が来たらチャンスです。

「久しぶりに遊ぶ?」とデートに誘ってみてください。

時間をあけて、もう一度告白する

告白して「友達としか思えない」と断られた場合は、最終手段としてこの方法を試してみてください。

「いっしょにいるのがつらいから、連絡したり話しかけたりしないで」と伝えて、完全に彼との関係を断ちます。

彼は自分のことを好いてくれる相手がいなくなり、寂しくなるでしょう。

「友達としか思えないと言ったけど、付き合えばよかったかも」と、彼に振ったことを後悔させるのです。

そして2週間ほど経ったら「ごめん。きっぱりと諦めるつもりだったけど、やっぱり好き」と伝えてみてください。

もし彼といい関係を築けていれば、受け入れてもらえるかもしれません。

うまくいかない可能性もあるので、最後の手段だと思ってくださいね。

女性らしさを磨くのも忘れないで!

いろいろなテクニックをご紹介してきましたが、そもそも女性としての魅力があることが大前提。

どんなに手を尽くしても、「友達としてはいいけど、恋人としては無理」と思われていると、うまくいきません。

日頃から魅力を感じてもらえるよう、自分磨きは必須。女性らしさを随所で見せられるよう、意識していきましょう!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)