好きな男性ができたら、振り向いてもらおうとさまざまなアプローチをするもの。

ですがどれだけ相手に合わせてもやさしくしても、男性が本命として選ばない女性というのもいるみたいです。

せっかくアプローチをしても、本命になれないのでは意味がありません。

今回紹介する「男性の本命にならない女性の特徴」を参考にしてみてくださいね。

合わせすぎたらダメ?男性の本命にならない女性の特徴4つ

自己犠牲してまでやさしく振る舞う

やさしい女性は、たしかにモテます。しかし相手ばかりではなく自分も大切にできないと、対等な関係性が築けなくなるかもしれません。

頑張り屋さんな女性ほど、自分の気持ちを抑え我慢してしまいがち。

これは他人思いという素敵な長所ではあるのですが、恋愛においては「大切にされない」「本命になれない」などのデメリットを招くこともあるのです。

無理に他人に合わせて、自分を偽りすぎていませんか。謙虚な気持ちが強すぎて「自分なんて……」と自信を失っていませんか。

他人へのやさしさはそのままに、同じくらい自分自身のことも大切にしましょう。

あまりにも、思いどおりになりすぎる

隙を見せたり好意を匂わせたりするのは、恋愛を進展させるために大事なテクニックです。

しかし相手の思いどおりになりすぎると「簡単に手に入る」と思われてしまい、魅力が下がって見える原因にもなります。

たまに気まぐれで動いたり、言われたことの一部を断ってみたり。「好意的だけど完全には手に入らない」程度の距離感が、男性から一番モテるそうですよ。

彼のなかで「もっと仲良くなりたいな」「注目してほしいな」という気持ちが高まった瞬間に、好意的な態度で惹きつけましょう。

自分の意思がない

自分の意思がない

他人の意見を受け入れて空気を読むことは、社会で上手に生きるために重要なスキル。

ですが恋愛では従順で模範解答のような言動ばかりだと、相手を退屈させてしまうようです。

相手の気持ちに合わせると人間関係の摩擦がなくなりますが、同時に相手は「学び」「刺激」「気づき」がなくなります。

「自分にない魅力があるから強く惹きつけられる」「この人といると疲れが吹き飛ぶ」「一緒にいると前向きになれる」

本命女性には、このような感情が湧くもの。しかし他人の言動に合わせて従順に受け答えする女性からは、これらの刺激を得られにくいのです。

無理に自己主張する必要はありません。夢中になれる何かを見つけたり自分の信念を持ったりして、物事に取り組みましょう。

ひたむきな姿を見せられると、相手もあなたに感化されていくはずです。

恋愛経験が豊富、もしくは噂が絶えない

恋愛経験が豊富すぎると男性は「遊び好きなのかな?」と受け取りやすいもの。

また、いろんなところから恋愛の噂を聞くと「本命彼女」としてのイメージからも、どんどん遠ざかるようになってしまうでしょう。

恋愛に関する情報はオープンにしすぎないのがベターです。噂が次の噂を呼ぶこともあり、いつどこで好きな人に情報が届いているか分かりません。

また好きな人とのデート中に過去の恋愛について話すときは、いっそう慎重になりましょう。

やさしいだけではなく、バランスを考えて

素敵な女性なのに、なぜか遊ばれる、本命になれないということもあります。

そんなときは、自分の魅力だけでなく、今回紹介したような「男性との関わり方」を意識してみると何か変わるかもしれません。

恋愛感情は複雑です。本命になるかどうかは感覚レベルの問題なので一概には言えませんが、ある程度の傾向は見えてきます。

愛想のよさ、やさしさ、このような長所がマイナスになるケースもあるため、男性と関わる際にはバランスを意識して接してみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)