せっかくデートをしたのに、それから先の関係にまで発展しない。という悩みを抱いたことのある人、いるのではないでしょうか。

ふたりでデートをしている時点で、多少なりとも男性はあなたに対して好意を持っていたはず。

それなのに関係が進まないとなると、問題はデート中。あなたの態度や行動が、原因かもしれません。

今回は「男性がデート中に、『この子とは付き合えないな』と思う瞬間」を紹介していきます。

男性がデート中に、「この子とは付き合えないな」と思う瞬間

機嫌を損ねてから、ずっと不機嫌のままだったとき

「デートをすごく楽しみにしてくれていたので、こちらもうれしかったのですが……。機嫌を損ねると、わりと長い時間不機嫌になってしまう子でした。

歩いているときにちょっとほかの人と肩がぶつかっただけで、1時間はイライラしてる感じで……。そういう子は、疲れちゃいますよね」(26歳・男性・美容師)

もちろん、不満を抑え込んだままというのも健全ではありません。

感情は抑えつつ自分の気持ちをわかりやすく伝えたり、「そういうクセを直したいと思ってて、もし出てたら教えてほしい」と伝えたりするのはいかがでしょうか。

ほかの男性と間違えられているかもと思ったとき

「2回目のデートのとき、以前話したことを覚えてもらっていなかったんです。3回目のデートでは『この前〇〇って言ってたけど~』って言った覚えのない話をされ……。多分ほかの男と間違えてたんでしょうね」(25歳・男性・公務員)

デートのときにふたりがどんな会話をしたかは、とても大切。それを積み重ねて仲を深め、信頼を築いていくものでしょう。

信頼関係の基本となる会話がガタガタだと、どう頑張っても本命にはなれないはずです。

複数の男性とデートをしている人は、気をつけてくださいね。不安なら、デートごとにメモを残しておきましょう。

おごりの有無で態度が違っていたとき

おごりの有無で態度が違っていたとき

「がめつい子はアウトですね。本人は無意識かもしれませんが何かを奢ってあげたときは、すごく上機嫌でラブラブに甘えてくる感じなのに、おごりなしでワリカンのときは、どこか冷めていてる……。交際はちょっと考えられないですね……」(31歳・男性・パーソナルトレーナー)

おごってもらったら、喜んで感謝を伝える。これは大切なことです。

そしておごりなしだとしても、デートの喜びが半減しているような印象を与えないようにしましょう。

何が楽しいのかを具体的に伝えたり、デートを楽しみにしていたことや「〇〇君といっしょだと楽しい」と伝えてみたりするといいかもしれませんね。

自分の話に興味なさそうだったとき

「『ねえねえ、聞いて~!』と、自分のことはすごく興奮気味に話す子なんですが、こちらの話は興味がなさそうで、『ふ~ん』『そうなんだ~』程度……。最初はかわいいと思ったんですが、話していて楽しくない子とは付き合えませんね」(29歳・男性・食品製造)

会話のテンションに差がありすぎないかも、要注意ですね。

自分の気持ちを素直に表現することはもちろんいいこと。ですが相手の話をしっかり聞いてあげたり、いろいろなことに興味を持ったりすれば、いっそう魅力に磨きがかかるでしょう。

笑顔をたくさん見せてあげて

客観的に見れば「確かにありえない!」と思えるものの、意外とデート中は無意識にやってしまうことってあるのかもしれません。

いいデートにするコツは、相手とのコミュニケーションをしっかり楽しむことです。

笑顔をたくさん見せて、相手の笑顔もたくさん引き出してあげましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)