自分に自信がなかったり、周りからどう思われているのか気になって、なかなか恋愛が楽しめないという人もいるでしょう。

そもそも、どのようなことで自己肯定感は下がってしまうのでしょうか?

その原因と、恋愛を楽しむための対策について考えてみました。

私が恋愛なんて…自信がない女性に気づいてほしい3つのこと

周りからどう思われてる?なんて気にしない

自分が周りからどう思われているのか、気になってしまう。

そうすると、なかなか恋愛に対して積極的になれないかもしれません。

まずは、その不安を払しょくしましょう。

自分が考えていることや、抱えている過去は、話さなければ誰も分からないもの。

周りの人はあなたのことを、「変な人」や「かわいくない人」なんて思っていませんよ。

自分と他人の評価って、大きく違うもの

そもそも、周りからの評価と自己評価は、意外と大きく違うものです。

「私はコンプレックスがあって暗い」と思っていても、周りから「コンプレックスなんかなさそうに見える。明るい人だね」と言われることも。

そのようなギャップが起きる原因は、自分自身が過去にとらわれすぎているから。

周りの人はあなたの「過去」ではなく、「今」を見ています。

どのような失敗があったとしても、その過去に縛られず、「今」の自分を見つめてみましょう。

過去に縛られると自己肯定感は低くなる

過去に縛られると自己肯定感は低くなる

自己肯定感の低さは、心が過去につながれているところから生まれます。

たとえば、家族との関係が良くなかったり、受験で失敗したり、大失恋をしたり。

そのような過去をずっと考えていると、なかなか「今」や「未来」を見つめることができなくなってしまいます。

嫌な記憶を思い出して「自分はダメだ…」と言葉にするよりも、いま自分が好きなことや興味があること、これから起きることなどに目を向けて、心をワクワクさせましょう。

過去を考えるよりも、いまを感じる

頭であれこれ過去のことを考えていても自己肯定感は上がりません。

身の回りや自分自身の変化を感じ、受け入れるようにしましょう。

周りの目を気にしすぎず、あなた自身のいいところを少しでも多く見つけられると、恋愛に対しても前向きになれますよ。

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

(愛カツ編集部)

●恋愛が苦手でも大丈夫!習慣にするべき4つのこと