気になる男性や大好きな彼とのデートには、準備万端でのぞみたいものですよね。

持ち物にも抜かりなし!と準備していたものの、種類によっては「おばさんみたい」と男性に思われることもあるようです。

今回は、男性陣の体験談をもとにおばさん認定されやすい女性の持ち物をご紹介します。

男性の本音!「おばさんくさい」と認定される女性の持ち物とは

レシートが入りっぱなしの財布

「気になる子とはじめてデートしたとき、カバンから出てきた財布がびっくりするほどレシートでパンパンで衝撃を受けました。

女の子の財布=きちんとしているものというイメージだったので、思わずオカンを想像してしまい……恋愛対象外だと思ってしまいました」(24歳/不動産総務)

つい溜まりがちなレシート、いろんなシーンを想定して持ち歩いているカード類など、パンパンな財布の原因になるものは身近に潜んでいるはず。

中身が何であれ、男性にとってパッと見たときに財布に厚みがあるのはマイナスイメージのようです。

デート中は財布を出すシーンが多くあると思うので、デート前に整理しておくようにしましょう。

常備薬をいくつも持っている

「いろんな種類の薬を常に持ち歩いてる女性は何だかおばさんっぽい。

たしかに役に立つしありがたいんだけど、種類が多すぎて気遣い女子を通り越しておばさんっぽくなってるよ!」(23歳/銀行員)

常備薬は必要な持ち物ではありますが、種類が多いと男性からの見られ方がオカンになってしまう可能性が高いです。

とくに多いのが飲み会の席などで、「頭痛薬持ってる人いる?」「胃薬欲しいな~」と周りからヘルプがあったときに、

「私もってるよ!」とあれもこれもと1人のカバンから出てくるのは、男性にとって違和感があるようです。

できれば気になる彼の前では「持ってるアピール」はせずに、必要としている人にこっそり渡すなどの工夫をしましょう。

街頭で配られたポケットティッシュ

街頭で配られたポケットティッシュ

「街頭で配布されているポケットティッシュ。そのまま使う女子はおばさんっぽく見えるな……派手な色使いとかロゴが大きく入っているものだと、思わず目がいってしまいます。

ポケットティッシュはケースに入れるだけできちんと感が全然違うのに!」(26歳/広告営業)

何かと便利なポケットティッシュを常にカバンに入れている女性もいるでしょう。

デートシーンではとくに、困ったときのために事前に準備しておきたい持ち物といえますよね。

そんなポケットティッシュですが、むきだしの状態だとせっかくの気遣いがおばさんっぽく見えるかもしれません。

ケースに入れるひと手間で、男性からの印象はガラッと変わるので、面倒ではありますが、ケースに入れ替えるようにしましょう。

ばっちり準備がおばさん見えの原因に?

ばっちり準備したつもりが、おばさんっぽく見えてしまうのは嫌ですよね。

そんな失敗を防ぐためにも、デートの前は自分の持ち物は「おばさんくさくないか」見極めることが大事といえるえでしょう。

もちろん、紹介した持ち物に対して「おばさんくささを感じない」「特に気にしない」という男性もいるとは思いますが、

あなた自身に「これってどうなの?」と心配になる持ち物は、一旦避けたほうがよさそうですね。

(愛カツ編集部)