恋に落ちた男性の言動には、様々な形で好意がにじみ出てくるもの。

どれだけ冷静に振るまっても、すくなからず脈ありサインが見え隠れしているものなのです。

本記事では、男性が本命だけについしちゃうことを5つご紹介していきます。

気になる相手が脈ありかどうか見極めていきましょう。

隠しきれない!男性が「本命の相手だけに」ついしちゃうこと

連絡の回数が増える

男性の多くは、好きな人に対し連絡の回数が増えてマメになります。

背景には「少しでも長く関わりたい」「忘れられたくない」などの気持ちが隠れているみたい。

離れているときも、好きな人の心をつなぎ止めるために頑張って連絡してくれているのです。

ただし、遊び慣れている男性もこのことを心得ていて、連絡回数が増える傾向にあります。

連絡の量だけでなく、内容にも注目してみましょう。こちらの話を聞いていないようなそぶりが見えたら、要注意です。

名前の呼び方が変わる

好きな女性に意識してもらいたくて、あえて「さん→ちゃん」にしたり「苗字→下の名前」にしたり、呼び方を変えることもあります。

他の人と差別化することで、遠まわしに「あなたは特別ですよ」というメッセージを伝えているのだとか。

その中でも、下の名前で呼んでくれるのはとくに脈ありだと思っていいでしょう。

男性が呼び方を変えたときには、思い切って女性からも呼び方を変えてみることがおすすめ。

男性はちょっとした変化でもちゃんと気付き、「両思いかも?」「もっと頑張ってアタックしようかな!」とモチベーションにつながりますよ。

頑張って時間をつくる

好きな女性に対しては、どんなに忙しくてもできる限り連絡やデートの時間をつくろうとするもの。

頑張って時間をつくってくれた場合、なるべく彼を癒やして「会って良かった」と思ってもらえるようにしましょう。

あわただしい毎日を送る男性にとって、好きな人と過ごす時間は最高の息抜き。

居心地が良ければ良いほど、告白してもらえる可能性もグンと上がりますよ。

また、会ってくれたことや連絡してくれたことに対して、「ありがとう」と感謝できるとベストです。

辛いときに寄り添ってくれる

辛いときに寄り添ってくれる

本命女性が辛そうにしているとき、男性はすぐにでも駆け付けたいと思うようです。

もちろん仕事などの都合で直接会えないこともありますが、気付いたらなるべく早く連絡を入れてくれるでしょう。

男性の多くは、好きになった人に対して「守りたい」「安心させたい」などの欲求を抱きます。

頼りがいのある男性ほど、心の状態に目を向けて気にかけてくれるんです。

とはいえ、付き合うまえに男性を頼りすぎると「付き合ったら大変そう」と思われることもあるので、少しだけ弱みを見せる程度にしましょう。

未来の約束をする

これからも関わり続けたいからこそ、先々のデートの約束などをすることも。

もし付き合うつもりがないのなら、なるべく未来の約束はせずフェードアウトしていくでしょう。

そのため、「今度あの映画見に行こう」「遊園地に行きたいね」などの話が次々と出てくるなら、彼の脈を期待してOKです。

また、未来の約束をすることで女性の反応をうかがう男性心理もあるみたい。

彼との進展をのぞむ場合は、「私も行きたい」「約束ね」と前向きにリアクションしましょう。

きっと彼も自信が湧きあがりますよ。

本命サインに気付いて!

このほかにもたくさんの本命サイン・脈ありサインがありますが、分かりにくいものもあるため見逃してしまいがち。

彼の本命サインに早く気付くことができれば、ちょっとだけ恋愛にポジティブになれますよね。

ぜひ彼の様子に目をくばって、心の変化をチェックしましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)