彼氏が面倒な存在だと、「付き合うんじゃなかった!」なんて後悔してしまいますよね。

そんな事態を避けるためにも、交際前に、目の前の彼がどういう男性なのかを見極めておきましょう。

そこで今回は、付き合うと後悔する「ダメ男」の特徴を4つご紹介します。

面倒かも…付き合うと後悔する「ダメ男」の特徴4つ

1.人に見られているときしか頑張らない

人前では真面目に頑張るけれど、誰も見ていないところではいい加減……。

そんな男性だと、付き合ったあとに彼女が自分から離れることはないと安心して、いい加減な態度をとってくるかも。

結局、そういった男性が大事にしているのは、「自分が良く見られる」こと。

自分を良く見せる必要性が無くなれば、真面目に頑張る理由もなくなってしまうのでしょう。

目立たなくても真面目に頑張る男性なら、ずっと彼女を大切にするはずです。

2.「でも」「だけど」が口癖

普段の会話で、「でも」や「だけど」をよく使う男性には要注意!

こういった男性は、自分の失敗はアレコレ言い訳をするくせに、他人のミスに対しては、批判が多くなりがちです。

交際しても、彼女の要求をあまり真摯に受け止めようとしなかったり、追及されると逆ギレしたり……といった可能性も!

自分の改善するべき点は謙虚に認め、実際に改善しようとする男性がおすすめです。

批判ばかりするのではなく、相手の良いところを探そうとする男性なら、お付き合いしたあとも幸せにしてくれるでしょう。

3.女性の前でだけ見栄っ張り

3.女性の前でだけ見栄っ張り

男性のなかには、優しい、気前がいいと思ったら、単に女性の前でいい格好をしたいだけの人もいます。

たいていそういう男性は見栄っ張りで、計画性がなく、浪費家の可能性も。

金額が大きいのに、ホイホイ奢るような男性は要注意。

お金に余裕があるのかもしれませんが、余裕のあるフリをしてることも……。

お金を賢く使える男性は、どんなことでも先を考え、計画的に行動し、判断するもの。

そうした堅実な男性のほうが、いざというとき頼りになりますし、安心してお付き合いができるでしょう。

4.幼稚すぎる一面がある

あなたの前ではちょっとクールでかっこいい雰囲気を見せていても、男同士だと「ワーッ!」と子どもっぽくなる男性っていませんか?

周りにそんな男性がいるなら、態度や話し方などを、注意深く観察してみてください。

こうしたタイプの男性は、普段の生活でも甘えすぎたり、だらしなかったりするかもしれません。

「もっとちゃんとしてよ!」「しっかり考えてよ!」という不満が増える可能性も……。

一緒になにかを楽しむにしても、下品でなく、節度をわきまえているなら、彼女のことをしっかり考える彼氏になってくれるでしょう。

付き合う前に見極めて

「好き!」という気持ちは、相手を全肯定してしまう危険があります。

でも、「好き」という気持ちが溢れているときこそ、相手がどういう男性なのか、客観的な視点を持つことが大切です。

交際後に後悔しないように、彼の性格をしっかり見極めましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)