気になる男性ができたのなら、まずは顔見知りになること第一歩。そのあとにいろいろ交流の機会を設けて、徐々に仲良くなっていけたらいいですよね。

でも具体的に、どのようなことを意識して彼と向き合えばいいか分からないという人もいるはず。

そこで今回は「気になる男性と仲良くなりたいときに、意識するべきこと」を紹介します。

気になる男性と仲良くなりたいときに、意識するべきこと4つ

ふたりきりになることを狙わない

「友達みんなで遊んでいるうちに、そのなかにいる女性のことが気になり始めるというパターンは多いかも。仲良くなっていくうちに好きになっちゃいますね」(29歳男性/アパレル)

好きだからといって、いきなりふたりきりになろうとするのはハードルが高いでしょう。それに男性にも、引かれてしまう可能性があります。

まずは近くにいることを増やすようにして、その男性の友達も含めてコミュニケーションを取るようにするといいかもしれません。

なんとなく同じ空間にいることが多い女性とは、自然に距離感も縮まっていくもの。彼から好感も持ってもらいやすくなりますよ。

ある程度素を出す

「最初っから馴れ馴れしい子って一瞬ちょっと戸惑うけど、結局は仲良くなりやすいかもしれない。こっちも気軽に話しかけやすいですしね」(32歳男性/自営業)

気になる男性に対しては、少しでも自分を良く見せようとするもの。でも猫をかぶりすぎると、逆に自分のよさが出せないこともあります。

堅苦しくなったり嘘っぽくなったり個性が出なくなったりすると、男性につまらないと思われることも。

いい部分はもちろん見せつつ素の自分も出していくようにすると、男性としても一気に打ち解けやすくなるでしょう。

SNSを活用する

SNSを活用する

「SNSで交流をしているうちに仲良くなっていくことは多いです。実際に会ったことは数回しかなくても、SNS上で仲良しの女性とかもいますね」(26歳男性/販売)

好きな男性と面と向かって話をするのはかなり緊張するし、勇気がいる行為でしょう。

そういったときにはSNSでコミュニケーションを取り合って、仲良くなっていくのもひとつの手。

男性がSNSを頻繁に使っているのなら、適度にコメントやいいねをしてアクションを起こしていくと、交流を持つためのきっかけになりますよ。

焦らずに、時間をかける

「急に距離感を縮めてこようとされると、ものすごく引いてしまいますね。デリカシーがない感じがしちゃうので、あまり好きなタイプじゃないです」(31歳男性/商社)

「仲良くなりたい」「もっと距離を縮めたい」といった思いが強くなりすぎると、焦りが生じてしまいます。

焦っていきなりガンガン攻めすぎると男性には警戒されてしまうので、かえって遠回りをすることになるかもしれません。

急がば回れという言葉があるように、ちゃんと時間をかけて信頼を得ていくのが、気になる男性と仲良くなるための近道ですよ。

少しずつ距離を縮めていって

仲良くなるためには、それなりに段階を踏む必要があります。

少しずつ距離を縮めてちゃんと関係性を築いていけたら、男性のなかであなたの存在も大きくなっていくでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)