頭が良く、スタイルや顔が整っている。

学歴や容姿に自信がある「ハイスぺ女性」は、多くの人にとって羨望の的です。

ところで男性は、そんな「ハイスぺ女性」をどのような存在としてとらえているのでしょうか?

学歴が高い、容姿が美しい…ハイスぺ女性はデートに誘われにくい?

自分よりも頭が良い女性は誘いにくい

男性はプライドが高い生き物。

自分の話を聞いて、「へ~、そうなんだ」「知らなかった、さすが」と反応してくれる女性と一緒に過ごしたいと考えます。

得意げに話したことを、「知ってる」と言われたり、当然のような雰囲気を出されたりしてしまうと、楽しくないんです。

なかには、自分より頭の良い女性の方が、話していて色々勉強になると捉える人もいます。

しかし、多くの男性は自分よりも見識が広かったり、頭が良かったりする女性は、デートに誘いにくいようです。

容姿が美しい女性にもビビってしまう

もちろん、大多数の男性は容姿が美しい女性とデートしたいと思うもの。

誘いづらい理由は、「俺が誘っても、絶対、無理だろうな」と諦めてしまうから。

性格や雰囲気などが自分と近い女性であれば誘いやすいですが、自分の手の届かない人だと判断してしまうと、誘う勇気がでないようです。

「隙」がある女性は誘いやすい

「隙」がある女性は誘いやすい

学歴や容姿に自信があるハイスぺ女性は、男性からの誘いを待っているだけではいけません。

待ちつづけていても、周りの男性はビビッてなかなか近づいてこないかも。

このようなタイプの女性は、男性が声をかけやすい「隙」を見せる必要があります。

たとえば、会話中に「暇してるんで、いつでも誘ってください」「ご飯に連れていってください」「私、フットワーク軽いんで」など、助け船になるような言葉をかけましょう。

誘われないと嘆いてる女性は、自分から発信することをお忘れなく。

女性からのアピールも大事!

出会いのチャンスを増やしたいなら、自分発信で誘ってほしいアピールをすることも大切です。

ハイスぺ女性に加えて、第一印象がクールに見える人なども、男性が近寄りがたいと感じている可能性もあるので、上手にアピールしてくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)