節約上手な女性って、家庭的なイメージでも男性から人気がありますよね。

でも、自分では節約のつもりだったとしても、周りからみたらセコくてがっかりされてしまう場合も……。

今回は、男性が萎えた「ケチな女性」の言動をご紹介します。

セコさにドン引き…男性が萎えた「ケチな女性」の言動って?

ルールを守らない

「たまにフードコートやファストフード店で、平気で持ち込みしている子は引きますね。正直、学生でもないなって思う。『ドリンクくらい買えばいいのに』って冷めた目で見ちゃいます」(24歳/人材)

そのほかにもカラオケや映画館、遊園地など、飲食物の持ち込み禁止場所って意外とありますよね。

たしかに、スーパーで買ったほうが安いのは否めませんが、ルール違反してまでの節約は褒められたものではありません。

一緒にいるほうが恥ずかしくなりそうです。

安売りに全力

「彼女がオムライスを作ってくれたのですが、『この卵、お1人様1点限りで安く売ってたから、並び直してもう一つ買っちゃった』『変装したからバレてないはず!』と悪びれた様子もなくカミングアウトされた。食欲が失せました」(28歳/営業)

ひとりでも多くの人に行き届くように制限をかけているのに、これじゃなんの意味もありませんよね。

「悪いことをしている」との自覚がない彼女に絶句してしまうかも。

これでは節約というよりも、ただの自己中なガメつい人ですよね……。

もらったプレゼントを売る

もらったプレゼントを売る

「彼女が『友達からもらった化粧品が、好みじゃないからフリマアプリで売った』と言っていてドン引き。なんか薄情だなと思っちゃった。俺のプレゼントもこっそり売られているのかな……。」(26歳/サービス業)

もらった以上は、どうしようとその人の自由。

だけど堂々と「売った」と発言をする人って、相手の気持ちを考えられていないですよね。

万が一プレゼントを贈った人の耳に入ったら、悲しむのは目に見えています。

「これは持っていても使わないな」と思うのなら、百歩譲って誰にもバレないよう、こっそり売るのが配慮でしょう。

節約と「セコい」は別物

安いスーパーで買い物、ポイントを貯める、外食を控える、などの行動が「節約」であって、ルールやモラルを守らない行動はただの非常識にすぎませんよね。

彼もせっかく「いいな」と思っていたのに、セコいところを見たら、百年の恋も冷めてしまうでしょう。

すこしでも得をするためにと、ついついやりすぎてしまう節約には十分気を付けたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)