残業が多く、休日が少ない男性とお付き合いをしていると、なかなか会う時間を作れないでしょう。

会えないせいでイライラしたり、寂しい気持ちになったりするかもしれません。

ところで男性側は、彼女と一緒に過ごせる時間が少ないことに、どのような思いを抱いているのでしょうか?

実際に、彼女への思いや希望について聞いてみました。

急な仕事でデートキャンセル…忙しい男性が彼女に抱く本音とは

自分の時間を充実させてほしい

「忙しくて会えないときに、ジッと待っていられると、なんか申し訳ない気持ちになります。

ひとりでもちゃんと友達とかと楽しんでいてほしい」(33歳/男性/自営業)

自分からの連絡を待ちつづける女性に対して、男性は申し訳ない気持ちになってしまうもの。

待つよりも、趣味や好きなこと、仕事に打ち込んでほしいと思うのが、男性の本音です。

会えないときは気持ちを切り替えて、1人の時間を満喫しましょう。

恋愛以外の時間を充実させることも、忙しい彼との関係を長続きさせる秘訣ですよ。

あまり疑わないでほしい

「本当に仕事で会えないのに、浮気を疑われたりすると、かなり腹が立ちますね。

ただでさえ忙しさでイライラしているのに…」(27歳/男性/マスコミ)

会えない日々がつづくと、彼の浮気をつい疑いたくなります。

でも、証拠もないのに疑ってしまうと、男性を深く傷つけてしまうかもしれません。

頭ごなしに疑うことはせず、まずは大好きな彼を信用しましょう。

会えたとき喜んでくれると嬉しい

会えたときに思いっきり喜ぶ

「久しぶりに会えたときに、すごくうれしそうにしてくれると、愛情を感じる。

もっと時間作って会ってあげなきゃってしみじみと思いますね」(31歳/男性/カメラマン)

なかなか会えない期間が続いて、やっと会えたときには、お互いにとって幸せな瞬間です。

その気持ちをちゃんと表現してあげると、男性は彼女からの愛情を感じます。

久しぶりのデートを楽しんでくれている姿を見たら、「忙しくても会いたい」という思いが、男性のなかに芽生えますよ。

仕事に理解があると好感が持てる

「約束をしても急に行けなくなってしまうことがある。そういうのをわかってくれる子には好感を持ちます。

埋め合わせしなきゃという気持ちにもなりますしね」(30歳/男性/建築関係)

忙しい男性とお付き合いをしていると、急な仕事でデートがキャンセルになってしまった……なんてこともあるかもしれません。

そんなときは、柔軟に対応してあげましょう。

彼女が自分の仕事に理解がある人だったら、次のデートに誘いやすいと感じますよ。

男性は理解のある女性を大切にしたい

忙しい男性だって、彼女に会いたいという気持ちを持ちつづけています。

だからこそ、会えないことを責めないで、ちゃんと理解してあげましょう。

男性は自分のことを理解してくれる女性を、大切にしたいと思うものです。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)